カテゴリー: 低品質なコンテンツ

ハッキングされたサイトは大量に低品質なページがインデックスされる

書き換えられたページは低品質

パスワードが単純で使いまわしされていたりすると、ホームページがハッキングされることがあります。ハッキングされるとサイトにあった情報は完全に書き換えられて、全く違うサイトになります。

まだ、大量のページが生成されるのが普通です。

復旧が遅れれば遅れる程被害は大きくなります

ハッキングされたサイトの復旧に時間がかかればかかる程、大量に書き換えられた低品質のページがGoogleにインデックスされます。大量の低品質なページは元々のサイトの情報とは関係が無く、これまでのサイトテーマとも全く違うサイトに書き換えられます。

ハッキングされると数千ページが生成され、そのページがGoogleにインデックスされます。

ハッキング

ハッキングされたサイトは低品質なサイト

ハッキングされたサイトを復旧しても、Googleにはハッキングされたページをすでにインデックスしていて、サイトを復旧しても長期間、ハッキングされたページがGoogleのデータベースに残ります。

ハッキングされたページが大量に残っている状態で、復旧してページが再度インデックスされても、Googleには低品質なページと元々のコンテンツが混在している状態になってしまいます。

ハッキングされたページの情報は長期間Googleのデータベースに残り、サイトの評価が低くなります。

Search consoleからURL削除を行っても、検索結果から削除されるだけで、Googleのデータベースには残り続けるので、回復にはやはり長時間必要になります。

Googleのインデックスから消えるのを待つしか無い

一度ハッキングされて、大量の低品質なページがGoogleにインデックスされた場合は、その低品質なページがGoogleのデータベースから消えるのを待つしか無く、Googleのデータベースから消えないと、Googleから正当な評価はされず、ペナルティを受けているのと同じような状態になります。

インターネット経由の売上げが多い企業にとっては、サイトをハッキングされることは重大なダメージを受けることになるので、パスワードを複雑なものにしたり、定期的にパスワードを変更なるなどの対策を取っておくことが重要です。ハッキングされてから後悔しても手遅れです。

意図せずに大量に作られる低品質なページは危険です

価値あるコンテンツとはユーザーの疑問や質問の回答を掲載したページです

事務的に表示されるページは低品質なページです

会員専用ページがあって、非ログイン時に表示される「このページは会員登録が必要です」のページやお問い合わせフォームのようなページはページそのものにユーザーにとって価値ある情報が掲載されていませんので、低品質なページです。

このようなページはサイトの中に一定数存在するもので、ある程度は問題ありませんが、例えば「このページは会員登録が必要です」が商品ページと同じURLで非ログイン時に表示されると、商品ページと同数の低品質なページが存在することになります。

このようなページはnoindexにして、Googlebotがページを収集しないようにすることが重要です。

noindexを忘れていてペナルティを受けると、解除されるまでには、低品質なページをもう一度クロールしてnoindexをGoogleに伝えないと解除されませんので、時間を要します。

サイトを公開する時には、とのページをnoindexにするのか十分に検討するようにして下さい。

情報が不十分なページ

サイトオーナーとしては、コンテンツとして公開しているページでも、あまりにも文字数が少なく、ユーザーに対して十分な説明の無いページは低品質なページです。

ユーザーに対して価値ある情報を提供しようと思うと、いろんな角度からの説明が必要になったり、どんどん掘り下げた説明が必要だったりします。そのようなコンテンツを掲載しようと思うと、ある程度の文字数になるのは自然なことです。

これが結論だけを記載しているページだと、ユーザーにとっては何も疑問は解決されず、サイイトに対して不満を感じるでしょう。

いろんなサイトを見ていると、サイトオーナーの考え方で、ユーザーに対して丁寧な説明を記載しようとしているサイトはどのページも丁寧で、十分な文字数になっていますが、簡潔でシンプルなサイトにしたいとサイトオーナーが考えている場合は、どのページもほぼ結論だけしか記載されていない傾向があります。

このような結論だけしか記載されていないサイトはサイト全体が低品質なページで埋め尽くされているので、Googleから評価を大きく落としてしまいます。

このような低品質なページは情報を追記してコンテンツの質を上げるようにしましょう。

会員企業の紹介ページも低品質なコンテンツです

会員企業が登録されている共同受注サイトなどで、会員企業を紹介するページは、ほとんどの場合、リンク先のページの内容の一部をコピーしたものです。このようなページには価値は無く、低品質なページです。

このような会員企業を紹介するページを作るなら、サイトオーナーが独自に会員企業の実態を調べて、サイトとしてオリジナルな紹介コンテンツを掲載する必要があります。

それが出来ないのであればnoindexにしてGoogleにページを収集させないようにするのが無難です。