重複コンテンツによって起こる問題と対処方法

Pocket
LINEで送る

少しの重複は容認されるが大量の重複コンテンツはペナルティになる

URLの正規化ができていないために起こる重複コンテンツ

例えばトップページがhttps://yourdomain.com、https://www.yourdomain.com、https://yourdomain.com/index.html、https://www.yourdomain.com/index.htmlでアクセスできる状態になっていると、重複コンテンツです。このように同じコンテンツが違うURLで表示される状態を重複コンテンツと言います。

WordPressの場合は、サイトアドレス (URL)で指定したURLでしか表示されないので、重複の心配はありません。

canonicalを指定して正規URLをGoogleに伝える

重複ページを残したまま、Googleに正規のURLを指定する場合は、canonicalを使用して、重複ページのhead内に記述し、正規化したいURLを記載します。

<link rel=”canonical” href=”www.example.jp”>

.htaccessを利用して他のURLを指定されても正規URLにリダイレクトする

.htaccessはサーバーによっては使えない場合がありますので、サーバー会社に確認した上で使用して下さい。

記載方法は

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ https://yourdomain.com/$1 [R=301,L]

Windowsの場合、.htaccessのファイル名を作成出来ないので、a.htaccessなど適当なファイル名で、メモ帳で作成してFTPでアップロードした後に、サーバー側のa.htaccessを名前を変更で、aを削除すれば機能します。

モバイルページをサブディレクトリで運営している

最近は、レスポンシブ対応が主流になって、モバイルページをサブディレクトリで運営している例は少なくなりましたが、古いサイトをそのまま運営している場合には、サブディレクトリで運営している場合もあります。

このような場合は、出来るだけ早くレスポンシブ対応に移行するようにしましょう。

非ログインページが商品数の数だけある

会員登録が必要なサイトでログインせずに会員ページにアクセスした場合に「会員登録が必要です」などと表示されるページが全ての商品ページのURLで表示される場合は、重複コンテンツであると同時に低品質なコンテンツでもあります。これはとても重大な問題で、低品質なコンテンツが大量にしかも重複して存在するのは、サイトの約半分は低品質なコンテンツで、このようなサイトはGoogleから大きく評価を落とすことになります。

このような価値の無いページが大量に存在する場合は、必ずnoindexにして、Googleが収集しないようにしましょう。

パラメーターで大量の重複ページを吐き出す

多言語対応しているサイトで、外国語を選択した時に、プログラムで言語を切り替える設定にしている場合に、正規のURLと?lang=enなどのパラメーターで表示されるページが重複することがあります。

このようなパラメーターを使用する方法をGoogleは非推奨としていて、良い方法ではありません。そして、このパラメーターによって、サイトにある全ページが重複コンテンツになってしまいます。

これを避けるためには、多言語のページをサブディレクトリにして、パラメーターを使用しないようにすることです。

マンションの物件ページの説明があまりに簡潔だと類似ページです

不動産のポータルサイトで、マンションの物件ページの物件の説明を詳しく掲載していないと、ほとんどの物件ページが画像と間取り程度になってしまい、物件ごとにオリジナリティのあるページではなくなってしまいます。

このようなページは類似ページであると同時に低品質なページにもなるので、物件毎に丁寧な説明を記載しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です