隠しテキストをしている制作会社に発注してはいけません


隠しテキストはGoogleからペナルティを受けます

隠しテキストはホームページ制作会社のホームページだけを調べれば良いと思います。制作実績まで全て調べるのは大変な作業になります。

Googleはユーザーに見せる情報とGooglebotに見せる情報が違うことを禁止しています。隠しテキストはユーザーにはキーワードを多く含んだテキストを見せずに、Googlebotにはキーワードをふんだんに含んだテキストを見せて検索順位を操作しようとするものです。

隠しテキストはGoogleの性能が低かった時代には効果がありましたが、Googleの性能が向上した今ではほとんど効果がありません。

テキストがほとんど無い制作会社のホームページは怪しいです

テキストがほとんど無く、画像でガチッと固められた制作会社のホームページが検索結果の上位に表示されていたとしたら、その制作会社は怪しいです。画像の下にテキストを隠している可能性があります。

テキストを隠していても、検索結果の上位に表示されていたとしたら、それは良質な外部リンクのおかげです。隠しテキストそのもので検索結果の上位に表示されることはほぼありません。

隠す

隠しテキストを見つけ出す方法

隠しテキストはGoogle Chromeの拡張機能のCSS無効化くんをダウンロードしてChromeに組み込み、調査したいホームページを表示して、アドレスバーの横に表示される黒いCSSのアイコンをクリックして「CSS無効化」をクリックするとCSSを無効化した状態が表示されます。

この画面で、CSSが有効な時と、CSSが無効な時で表示されるテキストに変化がある時は、隠しテキストがあります。

隠しテキストを行っているホームページ制作会社はGoogleのガイドラインを知らないか、知っていて悪用しているかどちらかです。

このような隠しテキストを行うホームページ制作会社は納品するホームページも隠しテキストを行うことがありますので、発注は控えた方が無難です。

隠しテキストはh1タグが最も多い

隠しテキストになっているのはh1タグの場合が最も多いです。特にトップページのh1タグが隠されていることが多く、下層ページでは正常に表示されていることがほとんどです。

.home .entry-title {
  display: none;
}	

の記載のようにスタイルシートで表示を消す記載があります。