Google・analyticsからネットショップの改善ページを見つけ出す方法

Pocket
LINEで送る

Google・analyticsで改善の必要のあるページが分かります

Google・analyticsはネットショップを訪問したユーザーの動きを把握することが出来るツールです。離脱しているページやコンバージョンを調べることが出来ます。

analytics

「集客」→「概要」で集客がどこからで、集客先ごとの直帰率が表示されます。

離脱ページは「行動」→「サイトコンテンツ」→「離脱ページ」でユーザーが最後に訪れたページが分かります。

ランディングページ

「行動」→「サイトコンテンツ」→「ランディングページ」でユーザーが最初に訪れるページと、そのページの直帰率やセッションあたりの閲覧ページ数や平均セッション時間が分かります。直帰率が極端に高いページは改善の必要があるかも知れません。ただし、ランディングページで閲覧者の目的が達せられる場合は、改善は特に必要ありません。

離脱率

「行動」→「サイトコンテンツ」→「離脱ページ」で、閲覧者が離脱しているページと離脱率が分かります。離脱率が高いページは改善の必要があるかもしれませんが、この場合も離脱ページでユーザーが目的を達成している場合は改善の必要はありません。

直帰率が高いのは、ユーザーが期待する情報と違うからです

直帰率が高いのは、検索エンジンに表示されるtitleやスニペットからユーザーが期待する情報と実際に訪れたページの情報が一致していないからです。これを防ぐためには、ページの内容に合ったtitleやdescriptionに変更するか、titleやdescriptionに合ったページに修正するかです。

さらに読みやすいページになっているかも問題です。適切な見出しや空白の挿入などで、長々と文章が続かないようにします。

さらに離脱ポイントを見つけ出すにはヒートマップを利用するのも方法です。スクロールヒートマップを使うと、ページのどこまで何%のユーザーに読まれているか分かります。大きく%が下がったところが改善の必要がある部分です。

ホームページはユーザーの動きがデータで見えるので、改善もとてもし易いものです。データに基づいて改善を繰り返して行けば必ずページは良くなり成果が現れます。

成果が出るまで改善を続けるだけの強い意志があるかどうかだけが成功か失敗かの分かれ目です。必ず成功すると言う強い意志があれば、データを元にPDCAの管理サイクルを回し続けるだけです。

ネットショップ開業方法と比較 ・売れるネットショップ ・WordPressでネットショップを作る ・ネットショップ開業後の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です