Search Consoleからネットショップの改善項目を見つける方法

Pocket
LINEで送る

Search ConsoleはGoogleからの流入について詳しく調べることができます。Search ConsoleとGoogle analyticsの登録のページで説明した設定を必ずしておいて下さい。

CTRを改善する

searchconsol
Search Consoleの「検索トラフィック」→「検索アナリティクス」で「クリック数」「表示回数」「CTR」「掲載順位」にチェックを入れます。

キーワード毎の検索順位とCTRと表示回数を見ます。どの程度の表示回数で対策するかは、ネットショップの運営年数によって違って来ます。ネットショップの開業初期は、表示回数100回以上のキーワードを対策すれば良いでしょう。定期的に検索順位を確認しながらコンテンツを充実させるようにしましょう。ここで表示されるクエリには、ネットショップを作成する時には想定していなかったキーワードが含まれている可能性があります。このような想定していないキーワードから流入を得られるのはとても嬉しいことなので、表示回数と掲載順位を確認して、もう少し順位を上げることが出来れば表示回数も増えてクリック数の増加が期待できるのであれば確実に対策を実施することで簡単に流入を得ることが出来ます。

イギリスのNetBoosterが公開した2014年の検索順位別クリック率データでは

1位 19.35%
2位 15.09%
3位 11.45%
4位  8.86%
5位  7.21%
6位  5.85%
7位  4.63%
8位  3.93%
9位  3.35%
10位 2.82%

対策するキーワードの検索順位とCTRを見てみます。キーワードの検索順位のCTRが、2014年の検索順位別クリック率データよりも著しく低い場合は、検索結果に表示されてもクリックされていないと言う事なので、titleやdescriptionをユーザーに興味をもってもらえる内容に修正します。titleやdescriptionを修正して、その結果を確認してを繰り返してCTRを改善します。

次にキーワードの検索順位を確認します。順位が10位以内にいないキーワードについて対策します。クエリに記載されているキーワードを使ってGoogleに表示されているページを確認します。「site:https://www.example.com キーワード」で検索して最初に表示されるページが対策対象ページです。

まず、このページのコンテンツが十分がとうかを調べます。ユーザーにとって価値ある情報が十分に掲載されていなければ、コンテンツを追加します。

コンテンツを作成する場合には、共起語も含めるようにしましょう

内部リンクを改善する

次に、Search Consoleの「検索トラフィック」→「内部リンク」を見てみます。対象ページのリンクの数を見てみます。実際にリンクしている件数よりも明らかに少ないリンク数の場合は、Googleがまだそのリンクを辿っていない可能性が高いので、もうしばらく様子を見てみましょう。

内部リンク

対象ページへのリンク数がトップページ以外の上位のリンク数より少ない場合は、関連しているページからアンカーテキスト(リンク先ページのキーワード)でリンクして、リンク数を増やすようにしましょう。ただし、あくまでもユーザビリティ優先のリンク設定で、むやみにリンクを増やすことは逆に検索順位を下げてしまう恐れがありますので、気をつけましょう。

ページを修正したらFetch as Googleのリクエストを送信する

Fetch as Googleを使うと、Googleにクロールを依頼することができます。リクエストを送信すると早く検索結果に表示されます。

FetchasGoogle

ダッシュボードから「クロール」→「Fetch as Google」をクリックします。ドメイン以下のフォルダ、ファイルを入力して「取得」をクリックします。クリックすると「インデックス登録をリクエスト」が表示されますので、クリックします。通常は「この URL のみをクロールする」をチェックして「送信」をクリックすれば完了です。

ネットショップを開業したら、まず最初は集客です。開業したネットショップに集客できなければ、どんなに素晴しい商品を取り揃えていても、全く意味はありません。集客が無ければ、当然売上げも上がらないので、集客することはとても重要なことです。訪問してくれたユーザーがどの程度ページを熟読してくれるかや、直帰率が高いなど、改善が必要かどうかの検討をするにも、集客が出来ていないと、判断する材料もありませんので、開業して、一番最初にすることは集客です。

ネットショップ開業方法と比較 ・売れるネットショップ ・WordPressでネットショップを作る ・ネットショップ開業後の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です