ネットショップの強みを明確に主張する

Pocket
LINEで送る

どこが違うのか分からないショップばかりが表示される

強みは一見して分かるようになっていないと伝わらない

ネットショップから特定の商品を購入しようと思って検索しても、どのショップも違いが分からないようなショップが検索結果に出てきます。一見して、違いが分からないと、最後は価格勝負になり、安いショップから購入することになります。

強みを持ってていても、ネットショップを訪れた時に、他店と違う強みが何なのか、ユーザーに明確に伝わらないと、ショップを営業する意味がありません。

ネットショップを訪れた時に最初に目に入る情報が、そのネットショップの強みでないと、ユーザーの記憶に残りません。強みはどこかに書かれていて、探さないと分からないようでは、強みはユーザーに伝わりません。

強みは差別化要因であって、ショップの存在理由でもあります

強みと言うのは、他店と差別化できる部分であって、そのショップの存在理由でもあります。自分のネットショップの存在理由がユーザーに伝わらないと、ユーザーにとって、そのショップが必要だとは思われないと言う事です。

自分のネットショップの存在理由は、サイトコンセプトでもあります。サイトコンセプトを明確に定義できていないと、存在理由を明確に訴えることも出来ません。

ショップの存在理由をユーザーに強く印象的に訴えないと、ユーザーにはなかなか伝わりません。ユーザーがネットショップに訪れた時に一番最初に目に入る情報が、ショップの存在理由であることが重要です。

強み

他店との違いを明確に伝えることが出来れば価格競争にはなりません

他店とは違う、自店の存在理由をユーザーに明確に伝えることが出来れば、価格競争に巻き込まれることはありません。他店には真似の出来ない、強みをユーザーの脳裏にしっかりと植え付けるつもりで、キャッチコピーとして記載することです。ショップの存在理由がユーザーに定着すれば、ショップとしてのブランディングが成功したと言えるでしょう。

ブランドとしての価値が定着すれば、大きく時代が変化しない限りブランド価値は維持されます。ブランドとしての価値が定着すれば、売上げや利益は安定して、順調に右肩上がりの業績が続いて行くでしょう。

ショップの強みをユーザーに訴え続けることはとても根気のいることで、簡単には定着しません。しばらく打ち出して、効果が無いからと諦めないで、ユーザーに定着するまで、やり続ける覚悟が必要です。

ネットショップ開業方法と比較 ・売れるネットショップ ・WordPressでネットショップを作る ・ネットショップ開業後の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です