本文に共起語を含め、リンクを設置する

Pocket
LINEで送る

共起語はそのキーワードと一緒に使われる言葉です

「共起語」は同じページの中で、頻繁に同時に使われる言葉です。あるキーワードがあると、それと一緒に使われる言葉のことです。例えば「ラーメン」だったら「スープ」とか「めん」、「醤油」「とんこつ」などです。ラーメンでページを作れば、当然スープやめん、醤油などの言葉が同時に使われる言葉で、この同時に使われる言葉が共起語です。あるキーワードでページを作成した時に、共起語が発生しないページは不自然なページになりますので、Googleは評価しません。共起語が含まれないページは、titleにキーワードが記載されていても、そのキーワードに関連するページとは判断されない可能性が高くなります。共起語はそのキーワードで文章を書けば当然一緒に書かれるキーワードで、自然に書かれた文章なら、共起語は必ず含まれると言うことです。自然に文章を作れば、共起語は含まれますが、文脈からして、全く含まれない共起語も出てきますので、それは、他のコンテンツを書き加えて共起語を含めるようにしましょう。

共起語を調べるツール

共起語をアンカーテキストにしてリンクする

この共起語を本文に含めるようにして、ページを作成します。ただ、共起語を詰め込めば良いというものではなく、あくまでも自然な範囲で含めるようにして下さい。さらに、共起語をアンカーテキストにして、内部リンクを設置します。共起語を含めることによって、Googleにページの内容を適切に伝えることができます。ネットショップはターゲットキーワードで上位に表示されないと、ほとんど集客や売上げが発生しません。なので、共起語はとても重要です。

ネットショップ開業方法と比較 ・売れるネットショップ ・WordPressでネットショップを作る ・ネットショップ開業後の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です