titleと同様にdescriptionにもキーワードを記載する

Pocket
LINEで送る

descriptionにもキーワードを記載する

ネットショップじゃなくてもホームページはtitleタグに検索ボリュームのあるキーワードを記載しますが、descriptionにも同様にキーワードを記載します。descriptionはtitleに次ぐ重要な部分で、120文字程度で記載します。descriptionはtitle同様、ページごとにページの内容をユーザーに伝える情報を記載します。

descriptionはページの内容を濃縮したものです

descriptionは検索結果のページの説明に表示されるので、ユーザーがクリックするかどうかの判断材料になりますので、とても重要です。ユーザーがクリックしたくなるような説明を記載するようにしましょう。ページの内容を濃縮したようなdescriptionにできれば良い内容になると思います。

description

文章が決まったら、<meta name=”description” content=”      ” />の”から”の間に記載します。ここに記載する文章がSEOで最も重要な文になります。文字数は30文字程度を目安にします。descriptionを記載する場合には、ターゲットキーワードは出来るだけ始めの方に書くようにします。descriptionの先頭に書かれているキーワードをより重要とGoogleは判断します。descriptionはページごとにそのページを表現したものにして下さい。

Dreamweaverなら「コード」にするとソースが表示されます。ホームページビルダーなら「HTMLソース」で<meta name=”description” content=”      ” />を打ち込んで下さい。WordPressの場合は、All in One SEO Packなどのプラグインを入れて、固定ページ、投稿ページでdescriptionを記載して更新すれば変更できます。

同じmeta情報でもKeywordはGoogleが見ていないと言っていますので、記載する必要はありません。

ネットショップを開業する場合、商品の良さや美しい写真でお客様に訴求しようとしているサイトが多いのですが、どれだけ美しいデザインのネットショップを作っても検索ボリュームのあるキーワードを決めて、そのキーワードでGoogleで表示されないと、お店の前を全くお客様が歩いていないショップになってしまいます。リアルの店舗であれば、お店のディスプレーを美しく飾ってお客様に訴求すれば、来店を期待できますが、ネットショップの場合、ショップとユーザーの間に検索エンジンと言うロボットが介在しているので、お客様にお店のことを理解してもらうのと同じ位検索エンジンに理解してもらう必要があるのです。

売れるネットショップにするためには検索エンジンと言う仲介者がいることを忘れないようにして下さい。

ネットショップ開業方法と比較 ・売れるネットショップ ・WordPressでネットショップを作る ・ネットショップ開業後の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です