ネットショップは商品の詳しい説明が必要です

Pocket
LINEで送る

商品を手に取れないネットショップでは詳しい説明が必要です

絶対に質感は伝え切れませんが、商品への思い入れがユーザーの心を動かす

ネットショップはリアル店舗と違い、商品を手に取ることが出来ないので、商品の質感や実際の大きさなどを実感することが出来ません。実際に商品を手に取ることができないのは、ネットショップの決定的なデメリットです。

どれだけ詳しく説明しても、リアル店舗で実際に商品を触った質感を伝えることは出来ませんが、そこに店長の商品に対する思い入れや、意外な使い方など、ユーザーに「おっ」と思わせるような情報を織り込むことで、商品を手に取れないことをカバーできます。リアルの店舗で出来る商品を手に取って確認できることを補うのは、店長の商品に対する思い入れや愛情です。

商品の説明は詳し過ぎると言う事はありません。実際に手に取って質感を実感できないので、画像や動画、テキストで出来る限り詳しく説明して下さい。店長の商品に対する愛情や思い入れを存分に表現して下さい。商品に対する愛情は、店長の思い込みでしかありませんが、その思い込みに共感してくれるユーザーも多くいるはずです。

店長の思い入れの愛情を信じて、商品を購入したユーザーが、その商品に満足すれば、その店長のお勧めを素直に信じてくれるようになります。この店長の思い入れがキャラクターとして共感されたりすると、ファンが増えて、固定客を獲得できるようになって来ます。

説明

商品カタログの情報では情報不足です

商品カタログに記載されている程度の情報では、決定的に情報不足です。同じ商品を取り扱っていても、アフィリエイターの情報は商品レビューのように、実際の使用感なども含んだ、とても詳しい情報が掲載されています。

実際に商品を取り扱っているネットショップの情報がアフィリエイターよりも少ない情報しか掲載されていないのは残念なことです。

アフィリエイターが商品を販売出来ているのですから、商品の見せ方と、説明次第で商品は必ず売れると言う事です。

もしもし、自分のショップのコンバージョンが低い場合は、アフィリエイターのページを見て参考になる部分があれば、取り入れて、商品説明や画像を改善するように取り組みましょう。

ユーザーは商品のスペックだけでは無く、自分が使用した場合に、現在使っている商品に対する不満が解消できるのか、とか、その商品を購入することによって具体的にどんなメリットがあるのかを知りたいのです。

ネットショップ開業方法と比較 ・売れるネットショップ ・WordPressでネットショップを作る ・ネットショップ開業後の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です