会員登録とログインページは別のページに

Pocket
LINEで送る

会員登録ページのクリックは最低限に

会員登録のページとログインページへのリンクを1つにして、遷移先のページがログインページで、そのページにさらに会員登録のリンクが設置してある場合があります。

ネットショップは会員登録を1件でも多く獲得することが第一歩です。その会員登録のリンクをクリックすると、ログインページが表示されると、会員登録しようとしている人も、戸惑います。会員登録しようと思ってクリックしたのに、会員登録のページが表示されないのは、ユーザーに対して、ユーザーのことを第一に考えていないサイトだと印象付けることにもなってしまいます。また、ネットの世界では1クリックごとに50%のユーザーが離脱すると言われます。ログインページを一度見せてさらに会員登録のリンクを見せることは、会員登録しようとする意志のある人の気持を萎えさせることにもなります。

クリックは最低限に

会員登録は入力画面と確認画面などの最低限のクリックで完了するように工夫しました。また、ネットショップでは共通することですが、リンクに記載されているテキストはリンク先のページが予想できる記載にする必要があります。

リンク先の情報が予想出来ないリンクは誰もクリックしません。「会員登録」のリンクは「ログイン/会員登録」のようなどっちもありのようなリンクには絶対にしてはいけません。

入力項目の説明も誰にでも分かる表記にしましょう

会員登録の入力項目の記載もどんなユーザーにも分かるように記載しましょう。例えば、パスワードを「6文字以上」と記載するところを「6 characters or more」などと記載するのは絶対にNGです。

このような記載をすることは、「この意味が分かる奴だけ登録して来い!」とユーザーに伝えているようなもので、とても高飛車なイメージを与えてしまいます。

少しでも会員登録を獲得したいのに、自らハードルを上げるようなことはしないようにしましょう。

ネットショップを開業する時に、作成するサイトで一番気をつけることはユーザーに対して親切で、誰にでも分かりやすく、目的の情報に簡単に辿り付けるようにすることがとても重要です。

せっかく数ある競合の中から、自分のサイトを選んで来てくれたユーザーを迷子にさせるようなサイトにならないように十分な注意を払いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です