ネットショップの商品の仕入れ方法

Pocket
LINEで送る

差別化するために、オリジナルブランドを持ちましょう

ネットショップを開業するには、販売する商品が必要です。

差別化戦略を取る上では、オリジナル商品を作って販売するのがベストですが、オリジナル商品を作るのはコストや発注ロットの問題もあり、難しい部分は多いですが、ネットで調べると小ロットの生産を引き受けてくれる工場もありますので、いろんなところに当たって見ましょう。

ネット上にも仕入れが出来るサイトがたくさんあります。商品構成として、このようなサイトから仕入れした商品を販売することは否定しませんが、他社と差別化するには、どうしてもオリジナルブランド商品が必要です。

既存の商品では解決できない問題を解決するなど、機能やデザインなどで明らかな優位性を持った商品を作りましょう。また、その問題は出来るだけ多くのユーザーが不満に思っていることが重要です。ニーズの無い機能や性能は過剰品質にしかなりません。ユーザーが不満に感じていることを解消できるこだわりの商品をオリジナルブランド商品として開発して販売するようにしましょう。

そのショップでしか手に入らない商品が無ければ、他のネットショップと同じになってしまい、最後は価格競争になります。価格勝負になってしまうと、資金力のある大手には絶対にかないません。価格勝負になった段階で負けは決定的になります。

初期の開発投資が多くかかっても、価格競争に巻き込まれない、独自の商品は絶対に必要です。自分自身のこだわりが生んだ商品に対する詳しい説明が、既存の商品で不都合を感じているユーザーの質問に回答するようになれば、それは良質なWEBコンテンツになります。

そのコンテンツは誰にも書けないオリジナルコンテンツです。商品に対する詳しい説明のオリジナルコンテンツは、さの商品のプロとしての高い専門性をユーザーに伝えることが出来、ユーザーは「この商品だったら、この人から買えば間違いない」と思うようになります。プロとしての高い専門性によって、ユーザーはショップへの信頼を高め、次第にファンが増えるようになります。

ネットショップ開業にあたっては、自分自身がこだわったオリジナル商品と、その商品に対する思い入れや、ユーザーのどんな不便や不満を解決する商品なのかを詳しく説明しましょう。他のネットショップとは明らかに差別化できる目玉商品として、ユーザーに強く勧めることができる商品を持っていることが強みになります。

明らかに差別化できる商品を販売できるようになったら、ファーストビューに差別化できる言葉を明確に記載しましょう。差別化できていることがユーザーに明確に伝わらなければ、ユーザーは先へ読み進んでくれません。

ネットショップ開業方法と比較 ・売れるネットショップ ・WordPressでネットショップを作る ・ネットショップ開業後の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です