ネットショップに必要な機材

Pocket
LINEで送る

ネットショップは商品を手に取って見ることができない

ネットショップは商品を手に取って見ることができないので、商品写真の質感はとても大切な部分で、写真の出来栄えによって、売上げが左右されるので、撮影機材などは十分なものを揃えて撮影しましょう。また、商品は一方向だけでなく、いろんな方向から撮影することと、拡大画像なども効果的に活用して、商品を手に取って触ることが出来ないユーザーに商品を十分に伝えるようにしましょう。

カメラは電気店で普通に市販されているもので十分です

写真撮影に使うカメラは、電気店で普通に売られているカメラで十分ですが、三脚は必ず準備しましょう。三脚無しで撮影すると、必ずブレます。シャッターを押す腕の脇を締めても、人間は心臓の鼓動がありますので、絶対にブレます。

光源は一種類にします

商品を撮影する場合、太陽光と蛍光灯など、二種類の光源を使うことは色カブリが起こるので避けましょう。

 

 

 

 

背景は一色にします

背景に模様があったりすると、後で商品だけを切り抜きたい時に大変になるので、背景色は一色にします。

 

 

 

 

レフ板で商品の立体感を出します

商品の斜め後ろからレフ板で光を反射してやり、商品に立体感を持たせるようにしましょう。レフ板を使うと使わないでは、商品の実在感がかなり違ってきます。

 

 

 

画像加工ソフトは必須です

テジカメで撮影した写真を加工するのにソフトが必要です。AdobeのPhotoshopやIllustratorなどを使うことが多いのですが、ネットショップ開業時には、Photoshop Elementsで十分でしょう。また、最初は無料のソフトを利用してるのも方法です。

ネットショップ開業方法と比較 ・売れるネットショップ ・WordPressでネットショップを作る ・ネットショップ開業後の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です