本文にターゲットキーワードを含める

Pocket
LINEで送る

titleとdescriptionを記載したら、次に本文の制作になります。本文にもターゲットキーワードを含めて文章を制作して下さい。

本文にターゲットキーワードを含める場合、不自然にキーワードを詰め込まないように注意しましょう。

ネットショップの場合、どうしても商品が良いことを伝えるコマーシャルが含まれるのは仕方がありませんが、コマーシャルと同時に、ユーザーにとって、問題や課題が解決できる情報や、共感や感動がある情報を掲載しましょう。本文に掲載する情報は、コンテンツがとても重要になってきており、コマーシャルで埋め尽くされているネットショップよりも良質なWEBコンテンツを掲載しているネットショップを上位に表示するようになっています。

本文にターゲットキーワードを含め、さらにユーザーにとって価値ある情報を掲載し、ユーザーの課題や問題を解決できる情報や、共感や感動できる情報を掲載することによって、ユーザーをファンにすることが出来ます。

キーワード

コマーシャルには時間や文字数の制限がありました

インターネットが普及する前のマーケティングでユーザーに商品を告知する方法はコマーシャルしかありませんでした。コマーシャルは放送時間の制限や印刷スペースの制限があり、ユーザーに端的に商品の良さを伝える必要がありました。

しかし、インターネットが普及して、情報が溢れるようになると、ユーザーは情報過多になり、望みもしない情報を一方的に送りつけてくるコマーシャルを拒否するようになりました。そして、ユーザーは積極的に情報を検索するようになり、自分が抱えている問題や課題を解決できる情報を自ら探すようになって来ました。そのようなユーザーは自分自身の問題や課題を解決してくれたサイトを貴重なサイトだと認識するようになります。ユーザーが望みもしない情報を一方的に送りつけるコマーシャルを長時間、あるいは長文を見たり読んだりしてもらうことは出来ません。しかし、ユーザーが自ら求めている情報は出来るだけ詳しく知りたいと思っているのです。

このユーザーが自ら求めている情報を詳しく説明したコンテンツを掲載することはこれまでのコマーシャルを中心にしたマーケティングから大きく転換するものです。長文を掲載しても読んでくれるユーザーはごく一部かも知れませんが、その情報を求めているユーザーは納得するまで、情報を読みます。問題や課題を抱えているユーザーに明快な回答を掲載できるようにコンテンツを作るようにしましょう。

ネットショップ開業方法と比較 ・売れるネットショップ ・WordPressでネットショップを作る ・ネットショップ開業後の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です