ネットショップを開業するにあたってURLの正規化を行いましょう

Pocket
LINEで送る

ネットショップ開業にあたってURLの正規化が必要です

URLの正規化とは、一つのページに対して複数のURLが存在することを回避して、検索エンジンに対して、1ページについて一つのURLを知らせることです。

例えば、wwwのありとなしで2種類のURLが出来てしまいます。URLが複数存在すると被リンクも分散してしまい、ネットショップとしてはかなり不利になってしまいます。

https://example.com/

https://www.example.com/

ユーザー側からは同じページが表示されるので、たいした問題では無いと思うかも知れませんが、検索エンジンでは全く別のURLと捉えられるので、URLが2つあることになります。それぞれのURLへのリンクがあると、リンクは別々のページへのリンクと解釈されるので、SEOではとても不利になります。

さらに、

https://www.example.com/

https://www.example.com/index.html

もユーザーにとっては同じページですが、検索エンジンにとっては別々のページです。この場合も、それぞれのページへのリンクは、別々のページへのリンクと判断されるので、一つにまとめる方が良いのです。この別々のページは重複コンテンツとなりねどれか1種類のURLのみ検索に表示されます。

正規化

全く同じ内容のページなのに、リンクがあっても別々のリンクと判断されると、検索順位も適正に評価されず、本来の順位よりも下がってしまいます。

このような問題を回避するためには、「.htaccess」ファイルを作成してルートディレクトリにアップロードします。記載する内容は

RewriteEngine on
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ http://www.example.com/$1 [R=301,L]

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example\.com
RewriteRule ^(.*)$ http://www.example.com/$1 [R=301,L]

上記の内容を記載して、.htaccessのファイル名でアップロードすれば完了です。

ネットショップ開業方法と比較 ・売れるネットショップ ・WordPressでネットショップを作る ・ネットショップ開業後の改善

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です