ホームページ制作後の運用がSEOで重要

2022年10月9日

制作会社のミスが無ければ、公開後の運用が集客を左右する

ホームページ制作会社が隠しテキストやキーワードの乱用や重複コンテンツや不自然なリンクの設置などのガイドライン違反を犯さなければ、公開後の集客は、運用が左右することになります。

ホームページ制作会社のSEOに関する知識不足で、ガイドライン違反を犯すことは度々見かけます。まずは、Googleのウェブマスター向けガイドラインを十分に理解しているホームページ制作会社に依頼することが第一です。

最新のSEOはテクニックに頼ったものでは通用しない

Googleのaiはとても進化していて、文章に記載されている意味をかなり理解するようになっていて、過去にブラックハットSEO業者が行っていたような大量のリンクを設置するような方法では、検索順位は上がらなくなりました。

この他にもタグの記載方法による効果は年と共に軽微になっています。

Googleは検索窓に入れるユーザーのキーワードに対するベストの回答を上位に表示するように日々アルゴリズムの改善を行っています。検索結果の上位に表示するためには、Googleからどう評価されるかよりも、ユーザーに好かれるコンテンツの作成に注力することが重要です。

ユーザーに好かれると言うことは、ユーザーの疑問や質問に対する回答を記載すると言うことです。

ユーザーの疑問や質問を知る

自社の商品やサービスに対して、ユーザーはどんなキーワードで検索しているのかを知ることは、検索エンジンからのアクセスを獲得する上でとても重要です。

どれだけ良質と思うコンテンツを作成しても、ユーザーが全く検索していないキーワードでコンテンツを作成してもユーザーの流入は期待出来ないのです。

実際にユーザーが検索しているキーワードを知るには、サジェストキーワードツールを使用するのが良いでしょう。代表的なツールとしてラッコキーワードがあります。

ここにメインキーワードを入れると、サジェストキーワードを表示してくれます。サジェストキーワードで表示されるキーワードでユーザーがどんな回答を期待しているのかを考えてコンテンツを作成することです。

ユーザーが望むコンテンツは短文ではありません

ユーザーが画像や動画を探している場合や漢字の読みを探している場合は別ですが、それ以外の疑問や問題の解決策を探している場合は、ユーザーが求めている情報は、出来る限り詳しい情報です。

結論は短いものかも知れませんが、ユーザーが納得できる情報は、具体的な問題や症状とその原因。その解決策としての複数の選択肢があれば、ユーザーは納得出来ると思います。

さらに記載されている内容が上位ページのコピーなどでは無く、オリジナルで独自の価値を提供しているコンテンツであることが理想です。

すでに検索結果の上位のページと同程度の情報であれば、そのページと新たなページを入れ替える必要は無いので、後から記載した同一内容のページが上位に表示されることはありません。

長期間放置されているサイトは評価されません

普遍的で時間が経過しても情報の価値が変わらないものであれば、2000年に掲載された情報でも問題ありませんが、世の中のことは常に変化しており、情報が古ければ最新の問題解決としては適切ではありません。

サイトに掲載する情報は常にアップデートした情報を記載するようにしましょう。この場合、古い情報を削除する必要はありませんが、最新の情報を掲載してサイトの鮮度を保つようにしましょう。

専門性の高いホームページ運営を心がける

ホームページは専門性が高く、狭い分野を深堀りしたサイトの方が、特定のキーワードで上位に表示されやすくなります。

商品やサービスのカテゴリーに深い洞察のコンテンツが大量に掲載されているサイトはサイト全体の専門性の高さを評価して、様々なキーワードで上位に表示されて広くアクセスを稼ぐことが出来ます。

サジェストキーワードで徹底して掘り下げた情報で、競合他社には無いオリジナルな情報を記載するようにしましょう。

サイトの大きさも重要です

専門性の高い情報が多くのページに記載されていて、サイト全体のボリュームが大きいサイトの評価は高くなります。新規で公開したサイトが公開直後に評価が高まって、様々なキーワードで検索結果の上位に表示されることはありませんが、最低週に2回、出来れば週5回新たなページが公開されるようにしましょう。

日々良質なコンテンツの追加を継続していれば、Googleから評価されて、ある日一段さらに一段のアクセスアップがあります。コンテンツの公開を継続して行うことはとても大変で、続かなくなることもありますし、2~3ヶ月更新を続けても全くアクセスが増えずに挫折してしまうかも知れませんが、Googleから評価されるには最低でも6ヶ月は必要なので、諦めずに更新を続けましょう。

ユーザーの疑問や質問に対する回答を深い洞察でオリジナルな情報の掲載を続けていれば必ずアクセスが増えるので頑張りましょう。

SEO対策

Posted by 清水 康次