不自然リンクの否認を行ってペナルティ解除


不自然なリンク否認の方法

WEBサイトやブログを運用していると、リンクを設置すると言うSEO会社からの営業の電話を受けることがあると思います。このようなリンクの購入はGoogleのウェブマスター向けガイドライン違反のとなり、ペナルティを受けます。外部リンクを設置するサービスに対価が支払われると、リンクプログラムPageRank を転送するリンクの売買に該当し、有料リンクとなります。また、少しでもアクセスアップにつなげようと、悪意は無くても、質の低いディレクトリに登録してしまうこともあると思います。このような不自然な外部リンクで自動ペナルティを受けると、SEO上とても大きな悪影響を受けます。ランキングを操作するような、Googleのガイドラインに違反するリンクが多いと、検索順位が大きく下がったり、圏外に飛ばされたり、Googleからの評価が著しく低下します。不自然なリンクによって検索順位の操作が行われると、ユーザーに良質な検索結果を返せなくなるので、ペナルティが課せられるのです。不自然なリンク元に対して、リンク削除を依頼可能な場合は、削除してもらえば良いですが、どうしても削除できない場合やリンク元が対応してくれない場合は、Googleが提供しているリンク否認ツールを使って、リンクを無効化します。

不自然なリンクはSearch console(旧ウェブマスターツール)内の「リンク」→「外部リンクをエクスポート」→「最新のリンク」でCSVかスプレッドシートかを選択します。最新のリンクを開いてリンクの状況を調査します。否認するリンクはリンクプログラムに記載されている。Yomi-searchのような登録に審査が無く、自分で無料で登録できるリンク集や、記事の内容に一貫性が無いワードサラダのような文章からのリンク、フッターやサイドバーなどのテンプレートからのリンク、SEO業者が設置したリンクなどです。また、相互リンクや、アンカーテキストが同じリンクや広告でnofollowになっていないリンクもかなり高い確率でペナルティを受けます。

リンク否認ファイルを作成する

Search consoleからダウンロードした最新のリンクから不自然な被リンクを1件1件確認して不自然なリンクが発見されたら、リンク否認ファイルに記載します。

リンク否認リンクの否認はメモ帳(テキストファイル)を利用します。ファイル名は何でも問題ありません。好きなファイル名を付けて下さい。不自然なリンクと特定したら、そのドメイン全てを否認します。ページ毎に否認する方法もありますが、ダウンロードした最新のリンクは全てのリンクが記載されているとは限りませんので、ページ毎に否認すると否認漏れが出てしまい、ペナルティの解除が出来なくなる恐れがありますので、リンク否認を行う際はドメイン単位で否認することをおすすめします。

ドメイン毎否認するには、domain:hinindomain.com(hinindomain.comの部分は否認したいサイトのドメインです)と設定すると不自然リンクのあるドメインの全てのページからのリンクを否認することが出来ます。複数のドメインに渡って不自然リンクがある場合は、画像の例のように一行ごとにドメインを記載してファイルを保存します。

ページ単位でリンク否認する場合は、URLを記載します。同じドメインから良質なリンクと不自然なリンクがあって、不自然なリンクのURLのみ否認したい場合は、URLをそのまま記載します。

よく、不自然リンクでペナルティを受けた場合は、リンクを削除する努力をして下さいと記載されているサイトもありますが、リンクの削除の努力をするのは、手動ペナルティの場合で、手動ペナルティの場合は、解除申請する時に、不自然リンクを減らすためにどれだけ努力したのかを記載したものをGoogleの社員が読んで、ペナルティ解除を決定するので、記載して再審査リクエストを送信ないといけませんが、自動ペナルティはアルゴリズムでペナルティが判断されるので、削除の努力などは記載する必要はありません。

リンク否認ファイルを送信する

Search consoleリンクの否認このページの否認ツールからリンク否認ファイルの送信を行います。ただ、新しいサーチコンソールにもリンク否認の機能が加わりましたので、Search consoleからリンク否認を行います。

リンク否認を行うサイトを選択する

否認を行うサイトを選択する複数のサイトを運営してSearch consoleに登録していると、サイトを選択する必要があります。リンク否認を行うサイトを選択して「リンクの否認」のボタンをクリックします。

間違って良質なリンクを否認してしまった場合は、そのドメインを削除すれは良いので心配はいりません

パフォーマンスに影響

「これは高度な機能なので、慎重に使用する必要があります。使い方を間違えると、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスに悪影響が及ぶ可能性があります。ご自分のサイトに対して、スパム行為のあるリンク、人為的リンク、品質が低いリンクが数多くあり、それが問題を引き起こしていると確信した場合にのみ、サイトへのリンクを否認することをおすすめします。」と記載されていますが、間違って良質なリンクを否認してしまい、否認が原因で順位が下がった場合は、否認したドメインの中でも良質と思われるドメインの行を削除すれば、問題ありませんので、あまり心配せずに、「リンクの否認」をクリックします。

リンク否認ファイルを送信する

リンク否認ファイルを送信する

このページで作成したリンクの否認リストを送信します。「ファイルの選択」で、否認するドメインを記載したtxtファイルを選択します。次に「送信」→「完了」でリンク否認のアップロードは完了します。

外部リンクによる自動ペナルティの解除には時間がかかる

リンク否認ファイルを送信したらすぐにペナルティが解除されるわけではありません。不自然なリンク1本1本をGooglebotが辿らないとGoogleのデータベースは更新されず、リンク否認も成立しません。

ページのクロールは行われてもリンクは辿らないことがよくありますので、外部リンクによる自動ペナルティの解除にはかなり長い時間が必要だと認識して下さい。

私の経験した事例では、最長12ヶ月かかりました。一般的に3ヶ月以上は要すると思っていて間違いないでしょう。実際にリンク否認を行っても、依頼した企業さんが諦める位のタイミングでペナルティが解除されるのが普通です

外部リンクの自動ペナルティの解除に時間がかかることをGoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏が回答しています。

一度リンク否認して安心してはいけません

リンクの否認ファイルを送信したら、あとは待てばペナルティが解除されると安心してはいけません。ペナルティの解除を待っている間にGoogleが新たな不自然リンクを見つけ出すこともあります。

Search consoleの最新のリンクは1ヶ月に2~3回程度更新されるので、新たなリンクが掲載されていないかチェックしましょう。

その中に新たな不自然リンクが見つかれば、前回送信したリンク否認ファイルの次の行にドメインを追加して送信しましょう。間違っても、以前に否認したドメインを消去しないように注意して下さい。

ペナルティの解除は良質なリンクと不自然なリンクを天秤にかけて、良質なリンクが上回れば否認の効果が出始めます。ただ、何年間も辿られないリンクもあり、完全にクリーンな状態にはまずなりませんが、出来る限りWEBサイトがクリーンな状態を保つように外部リンクのチェックは定期的に行うようにしましょう。

ペナルティが解除されると検索順位が上昇して、表示回数も劇的に改善し、アクセスもそれまで想像出来ないくらいに増加します。

まとめ

ブラックハットSEO業者が設置したリンクや、自分で登録した質の低いディレクトリからのリンクが削除できない場合は、リンク否認ツールを使ってリンクを無効化します。
不自然なリンクがあるとペナルティを受ける可能性が高いので、リンク否認ツールの使い方を知っていることは重要です。
不自然なリンクはSearch console内の「リンク」→「外部リンクをエクスポート」→「最新のリンク」でCSVかスプレッドシートかを選択します。表示されるリンクの一覧から、Yomi-Searchのような審査が無く、誰でも自分で登録できるリンクや、サイドバーやフッターなどのテンプレートからのリンクをリストアップして否認します。
リンクの否認はメモ帳(テキストファイル)を利用します。否認はドメイン単位で行い、domain:hinindomain.comのように一行ごとに否認したいドメインを記載します。
Search consoleリンク否認から「リンクの否認」のボタンをクリックして、「ファイルの選択」で、否認するドメインを記載したtxtファイルを選択します。次に「送信」→「完了」でリンク否認のアップロードは完了します。

リンク否認を行ったらすぐにペナルティが解除される訳ではありません。否認したリンクを1本1本Googlebotが辿らないと否認は成立しませんので、ペナルティの解除にはかなりの時間を要します。

不自然なリンクでペナルティを受けると長期間検索エンジンで上位表示ができなくなります。不自然なリンクの設置はせずに、自然で価値のあるリンクを獲得できるようにコンテンツの充実の努力をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です