不自然な外部リンクを見つける方法

Pocket
LINEで送る

Search consoleの最新のリンクをダウンロード

最新のリンク

Search consoleのリンク→右上の外部リンクをエクスポート→最新のリンクの順にクリックすると、ファイル形式の選択が表示され、CSVをダウンロードかGoogleスプレッドシートのどちらかを選択します。

選択したファイルに表示されるURLを一つ一つ確認して、不自然なリンクを見つけて行きます。

実際の不自然なリンク

低品質なページからのリンク
口コミ

このページは店舗名と住所、電話番号、URLが記載されているだけで、ユーザーにとって価値ある情報を全く提供していません。このようなページからのリンクには必然性が無く(必然性が無いと言うのは、なぜリンク先のページを紹介したいのかが記載されておらず、ユーザーがリンクをクリックしてみたくなるようなコンテンツが記載されていまいと言う事です)、ランキングを操作する目的で設置されたリンクと判断され、ペナルティの対象になります。

本文と関係の無いリンク

本文と関係の無いリンクリンクと言うのは、本文の中で、リンク先の関連する情報について詳しい説明を記載して、ユーザーにそのページを案内するためにリンクを設置するのが、自然なリンクです。

このページのように本文に記載されている内容と全く関連の無いページへリンクを設置されるのは、ユーザーのリンク先のページを紹介する必然性が無く、とても不自然なリンクで、ペナルティの対象になります。

質の低いディレクトリやブックマーク サイトのリンク

Yomi-SearchYomi-Searchは誰でも登録できるディレクトリ型検索エンジンです。現在でも登録する人が多いのか、まだ生き残っています。登録するサイトについて審査もされずに誰でも登録できることから、低品質なディレクトリと判断されるので、Yomi-Search系の検索エンジンからのリンクは全てペナルティの対象です。少しでもアクセスアップしたい気持は分かりますが、このようなサイトへの登録は害しかありません。絶対に登録しないようにしましょう。

質の低いディレクトリと判断する基準は、サイト登録にあたって審査があるかどうかが、まず基本だそうです。

リンク集雑多なリンク集です。このようなページからのリンクもリンクを設置する必然性が無く、ページを訪れたユーザーがリンクをクリックしようと思うような情報がありません。このようなリンク集は、第三者が一方的に作成する場合が多く、自分ではコントロールできません。リンク集の中には、ページの説明が記載されいる場合もありますが、Description程度の説明があってもペナルティの対象になると考えて下さい。

誘導ページ

これは、無料ブログを運営している場合に良く見られるものです。メインサイトへのアクセスを少しでも増やそうと思って、無料ブログを運営することもあると思いますが、無料ブログに記載する内容が、メインサイトの内容を簡潔に記載した内容になっているような場合は、ペナルティになります。

無料ブログを運営する場合は独自のコンテンツを掲載して、ページのコンテンツと関連が高い場合のみリンクを設置して下さい。

低品質なページからのリンク

商工会議所や業界団体から会員企業としてリンクされているページは低品質なページです。会員企業の紹介として、経営者の人柄や企業としての強みや商品の良さなどを記載した上でねリンクが設置されていれば問題ありませんが、企業名と住所、電話番号とURLと僅かな説明程度でリンクされていると低品質なページからのリンクになりペナルティを受けます。

何度も言うように、リンクには必然性が無いといけません。「経営者の人柄がとても良いからホームページも見て下さい」とか「他社には無い強みを持っているので、お役に立つかも知れないので見て下さい」と言うようなホームページを紹介する動機や必然性が無ければ全て不自然リンクです。

さまざまなサイトのフッターやテンプレートに埋め込まれて広く配布されるリンク

リンク元と関連のある情報が記載されているとしても、フッターやサイドバーからのリンクはペナルティになる可能性があります。関連性が高く、善意のリンクでもサイドバーからのリンクでペナルティになったこともありました。
また、関連企業のサイトへフッターやサイドバーから相互リンクを設置していてペナルティになったサイトもありました。

内部リンクであれば、そのサイトに記載されているコンテンツを求めてユーザーが訪れるので、サイドバーやブッター、メインナビゲーションからあらゆるページへリンクを設置するのは不自然ではありません。また、特定のページに掲載しているコンテンツと関連があって、違う角度からの説明やもっと詳しい説明がある外部のサイトへリンクを設置することは自然なことですが、サイドバーやフッターに設置されたリンクにゆってどのコンテンツからでも外部リンクが設置されるのは自然では無いと考えて下さい。

多言語サイトでもないのに外国語のページからのリンク

多言語化しているサイトであれば、外国語のページからリンクされる可能性はありますが、日本語のサイトが外国語のサイトからリンクされるのはとても不自然です。外国語のページからのリンクも関連が低い可能性が高いので、ペナルティになる可能性が高いです。

リンクに必然性が無ければ不自然なリンクです

自然なリンクは、ある情報についてページにコンテンツを掲載して、そのコンテンツに関連しているページをユーザーに「このページも参考になりますよ」と紹介するためにリンクを設置したのであれば、自然発生リンクです。
しかし、実際には、そのような自然発生リンクはほとんど無く、設置されている外部リンクの大多数は不自然なリンクです。

不自然なリンクは、意図せずに自分で設置する場合もありますが、ほとんどは自分の知らないところでいつの間にか設置されることが多くあります。

不自然なリンクが多いと、Googleからペナルティを受けてメインキーワードでも圏外になったりして、全くアクセスが増えない状態になります。このように危険性の高い外部リンクを放置せずに、対応を行って、本来サイトが持っているポテンシャルを最大限に発揮できるようにしましょう。

次は、不自然なリンクの否認方法について記載します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です