ヘッダー画像の変更

Pocket
LINEで送る

ネットショップを印象付けるヘッダー画像の設置

Google・analyticsの設定が完了したら、次はヘッダー画像を設置します。ヘッダー画像はユーザーにネットショップを印象付ける重要な画像です。ユーザーを惹き付けて、興味を持ってもらえる画像を掲載するようにしましょう。

ヘッダー

ダッシュボードから「外観」→「ヘッダー」をクリックします。

ヘッダーイメージ

次に、「ヘッダー画像」をクリックします。

ヘッダー画像追加

新規画像を追加をクリックします。推奨サイズが表示されているので、近いサイスの画像を用意しておきましょう。

アップロード

画像選択

「ファイルをアップロード」をクリックして、「ファイルを選択」をクリックします。

選択

「代替テキスト」を記入して、「選択して切り抜く」をクリックします。次の画面で切り抜くがそのままの大きさで表示するか決めます。

ヘッダー画像をスライトショーにする

ヘッダー画像が静止画だと寂しいと言う方には、スライトショーを表示できる「Meta Slider」と言うプラグインを使ってスライトショーを表示することができます。

新規追加

ダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」を選びます。

meataslider

キーワードにMeta Sliderと入れると検索結果が表示されますので、「今すぐインストール」をクリックして、最後に「有効化」をクリックします。

metaslideropen

インストールが完了すると、設定の下にMeta Sliderが表示されますので、Meta Slider→Meta Sliderをクリックします。

初期

最初のスライドショーを作成の左側の+をクリックします。

選択

「ファイルをアップロード」→「ファイルを選択」をクリックします。

追加

選択した画像をスライダーに追加で追加します。

追加

ここで、幅や高さを希望の大きさに変更し、効果も変更できます。効果は画像が揃ってからプレビューを確認して変更することもできます。さらに「スライドを追加」で画像を追加します。

コード

「一般」タブの横にある「SEO」タブをクリックして、「画像の代替文字列」を記入します。ここにもターゲットキーワードを含む文字を記載します。画像が揃って、保存してプレビューでスライドショーを確認して、好みの効果や画像が変わる時間などを設定したら、右下のショートコードに記載されているコードをコピーして、header.phpのトップ画像のコードと置き換えれば完了です。

matasliderid

上記のようにheader.phpのコードを書き換えます。

<?php
echo do_shortcode(“[metaslider id=000]”);
?>

ネットショップ開業方法と比較 ・売れるネットショップ ・WordPressでネットショップを作る ・ネットショップ開業後の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です