ネットショップに必要なスマホ対応とsitemapのプラグインをインストール

Pocket
LINEで送る

ネットショップ開業に必要なスマホ対応とsitemapのプラグインをインストールします

モバイル対応プラグインWPtouch

まず最初にインストールするのはスマホ対応をしてくれるWPtouchです。これをインストールすれば、あなたのネットショップはレスポンシブ対応のページへと変身します。検索エンジンを利用するユーザーの50%以上がスマホ経由になっていますので、スマホ対応は必須です。

wptouch

ダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」。キーワードにWPtouch Mobile Pluginを入れます。表示されたWPtouchを「今すぐインスール」をクリックして「有効化」になれば完了です。

「設定」→「WPtouch」→「setting」でいろいろ設定できますので、お好みで設定すれば良いでしょう。

次にモバイルページにもGoogle・analyticsのコードを貼り付けます。/ドメイン/wp-content/plugins/wptouch/themes/bauhaus/defaultからheader.phpをダウンロードします。

ダウンロード

wptouchhearder

WPtouchのheader.phpの</head>の直前にGoogle・analyticsのコード(パソコン版のheader.hphに貼り付けたものと同じコード)を貼り付けます。

アップロード

Google・analyticsのコードを貼り付けたheader.phpをアップロードします。これでWPtouchのプラグインは完了です。

Sitemapを送信するプラグイン

ホームページを更新した時にsitemapを送信するプラグイン

sitemap

ダッシュボードで「プラグイン」→「新規追加」をクリックして、キーワードに「Google XML Sitemap」を入れます。表示されたら、「今すぐインストール」をクリックして「有効化」になれば完了です。

Sitemap設定

次に「設定」→「XML-Sitemap」をクリックして、サイトマップのインデックスファイルのURLからsitemap.xmlをコピーします。

searchconsolesitemap

Search consoleに移って、該当するURLの「自分のサイトマップ」をクリックします。

sitemaptest

「サイトマップの追加テスト」をクリックします。

sitemap追加

sitemap.xmlを入力して「送信」ボタンを押します。すると、アイテムを送信しました。ページを更新する。をクリックすると、保留と表示されますが、しばらくしてSearch consoleにアクセスすれば、送信ページが増えているはずです。

sitemap設定

さらにsitemapの設定をします。基本的な設定で、「Google にブログの更新を通知」「Bing (旧名 MSN Live サーチ) にブログの更新を通知」「サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加 」にチェックを入れます。

投稿の優先順位は、「優先順位を自動的に計算しない」にチェックします。

Sitemap コンテンツで、サイトマップを送信したいページをチェックします。

含めないカテゴリーがあればチェックします。

更新頻度の設定は、クロール頻度の設定ですが、設定した通りにクロールしてくれるとは限りません。

優先順位の設定は、クロールの重要度を指定するものです。

以上の設定が終わったら「設定を更新」をクリックします。

ネットショップ開業方法と比較 ・売れるネットショップ ・WordPressでネットショップを作る ・ネットショップ開業後の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です