ドメインの取得からWordPressのアップロードまで

Pocket
LINEで送る

ネットショップの開業には、レンタルサーバーとドメインの取得が必要です

レンタルサーバーの申し込み

ネットショップ開業に必要なレンタルサーバーの申し込み手順。お名前サーバー利用の場合について説明します。独自ドメインの申し込みは、サーバー契約後の申し込みになるようです。

サーバー

SD-12プランを選びます。

申し込み

今すぐお申し込みをクリックして次の画面で支払い期間を選んで決定クリックすると、ドメイン名を入力する画面が出てきますが、ドメイン. onamae.jp  のサブドメインになるので、ここは入力しません。「独自ドメインの追加方法はこちら」をクリックして

ドメイン取得サーバーの契約をしてからドメインの取得をするとドメインの価格は割高になります。

ドメインだけ先に割安で取得して、別のサーバーをレンタルするのも検討する必要があります。

お名前.comでサーバーを借りる場合は、ドメインnaviにログインして、ネームサーバーを「変更する」クリックします。

「登録情報は正しいので手続きを続ける」→「共用サーバーを設定する」→「設定する」でサーバーの設定は完了です。

サーバーnavi

サーバーNAVIにログインして、「ご利用サービス確認」をクリックします。

コントロールパネル

オプション[追加する]をクリックします。

SSL

独自SSLにチェックを入れて「次へ」をクリックします。

独自ドメイン

独自ドメインにチェックしてコモンネームを選び「次へ」をクリックします。次のページで「お申し込み」をクリックすれば完了です。

WordPressをダウンロード

サーバーとドメインの取得が完了したら、WordPressをダウンロードします。リンク先のページからダウンロードをクリックしてダウンロードが完了したら、解凍します。解凍したフォルダとファイルをサーバーにアップロードします。アップロード先のサーバーの情報はサーバーNAVIのコントロールパネルから調べることが出来ます。

オプション

ftp

FTP・SSHアカウントをクリックするとサーバーに接続する情報が表示されます。FTPソフトを使ってサーバーにアップロードします。ここではFFFTPの使用例を記載しています。

ffftp

ホストの設定名は自分が分かりやすいもので結構ですが、ホスト名、ユーザー名、パスワードはFTP・SSHアカウントで表示されるものを入れて下さい。wordpressのフォルダ内のフォルダとファイルを全て↑でアップロードします。アップロードが完了したらMySQLのデータベースを作ります。

mysql

コントロールパネルのMySQLをクリックします。データベース名、データベースのユーザー名、データベースのパスワード、データベースホストが表示されますので、ブラウザのアドレスバーにドメインを入れると、上記を準備して下さいと表示されます。

wordpress1

wordpress2

wordpress3

テーブルの接頭辞は変更する必要はありません。その他を記載したら送信ボタンを押します。次に表示される画面で「インストール実行」をクリックします。

wordpress4

サイトのタイトル、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力して「WordPressをインストール」をクリックします。ユーザー名とパスワードは次回ログインする時に必要になりますので、控えておきましょう。

wordpress5

成功しました!となればインストール完了です。これでネットショップを作る準備が完了しました。

一般設定

次に、URLにアクセスするとログイン画面が出てきますので、ユーザー名とパスワードを入力して、ダッシュボードにアクセスします。次に「設定」→「一般」をクリックします。

一般設定

一般設定画面で「サイトのタイトル」を入力します。「キャッチフレーズ」は削除します。「WordPressアドレス(URL)」を入力します。「サイトアドレス(URL)」を入力して、「メールアドレス」も入力します。さらに「タイムゾーン」を東京にして、「サイトの言語」を日本語にして、変更を保存にします。

ネットショップ開業方法と比較 ・売れるネットショップ ・WordPressでネットショップを作る ・ネットショップ開業後の改善

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です