上位表示させたいキーワードが多すぎてキーワードの乱用になる

単独キーワードを詰め込むことよりも、多くのキーワードで上位を狙おうとしてキーワードの乱用になることが多い

titleのキーワードの乱用

「医療・福祉・介護の求人、集患・集客のご相談は企業名」のtitleになっていたホームページがあって、キーワードの羅列になっていて、ターゲットキーワードも7つの組み合わせになります。

titleにこれだけ多くのキーワードを詰め込むとキーワードの乱用と判断されて、検索順位が上がりません。

さらにヘッダーロゴのalt属性もtitleと同じになっていたので、トップページへのアンカーテキストが「医療・福祉・介護の求人、集患・集客のご相談は企業名」となっていたので、トップページはこの7つのキーワードで極度に最適化されていたことになります。

いろんなキーワードでユーザーを獲得したい気持は分かりますが、1ページに7つものキーワードについてコンテンツを記載することはできません。

SEOの基本は1ページ1キーワード(又は1複合キーワード)です。1ページに大量のキーワードを盛り込まず、ページを分けて、それぞれのページにキーワードを持たせるようにしましょう。

営業範囲の市町村名や都道府県名を羅列したキーワードの乱用

これは、とても良く見かける例です。地域を限定しているサービスの場合、営業範囲をサイドバーなどに記載することがありますが、これはGoogleが明確にキーワードの乱用としてSearch consoleのヘルプで公開しています。

営業範囲の市町村名を羅列せずに、ホームページで営業範囲を掲載する方法は、お客様の声のページを作り、○○県○○市△△様として、お客様の声を掲載すれば、サービス名+地域名で検索した時に上位に表示されます。

また、お客様の声は、とても重要なコンテンツです。例えば飲食店名で検索しても、そのお店のホームページよりも食べログの方が上位に表示されます。これは、お店の売り込みが記載されているページよりも、お客様の声が記載されている食べログの方がユーザーの質問に対する回答が記載されたコンテンツだとGoogleが判断しているためです。

お客様の声をホームページに掲載することは、とても良質なコンテンツになり、しかも営業範囲の地域名を含んだ検索の際に上位に表示されますので、是非、お客様の声のページを作るようにして下さい。

意図せずに大量に作られる低品質なページは危険です

価値あるコンテンツとはユーザーの疑問や質問の回答を掲載したページです

事務的に表示されるページは低品質なページです

会員専用ページがあって、非ログイン時に表示される「このページは会員登録が必要です」のページやお問い合わせフォームのようなページはページそのものにユーザーにとって価値ある情報が掲載されていませんので、低品質なページです。

このようなページはサイトの中に一定数存在するもので、ある程度は問題ありませんが、例えば「このページは会員登録が必要です」が商品ページと同じURLで非ログイン時に表示されると、商品ページと同数の低品質なページが存在することになります。

このようなページはnoindexにして、Googlebotがページを収集しないようにすることが重要です。

noindexを忘れていてペナルティを受けると、解除されるまでには、低品質なページをもう一度クロールしてnoindexをGoogleに伝えないと解除されませんので、時間を要します。

サイトを公開する時には、とのページをnoindexにするのか十分に検討するようにして下さい。

情報が不十分なページ

サイトオーナーとしては、コンテンツとして公開しているページでも、あまりにも文字数が少なく、ユーザーに対して十分な説明の無いページは低品質なページです。

ユーザーに対して価値ある情報を提供しようと思うと、いろんな角度からの説明が必要になったり、どんどん掘り下げた説明が必要だったりします。そのようなコンテンツを掲載しようと思うと、ある程度の文字数になるのは自然なことです。

これが結論だけを記載しているページだと、ユーザーにとっては何も疑問は解決されず、サイイトに対して不満を感じるでしょう。

いろんなサイトを見ていると、サイトオーナーの考え方で、ユーザーに対して丁寧な説明を記載しようとしているサイトはどのページも丁寧で、十分な文字数になっていますが、簡潔でシンプルなサイトにしたいとサイトオーナーが考えている場合は、どのページもほぼ結論だけしか記載されていない傾向があります。

このような結論だけしか記載されていないサイトはサイト全体が低品質なページで埋め尽くされているので、Googleから評価を大きく落としてしまいます。

このような低品質なページは情報を追記してコンテンツの質を上げるようにしましょう。

会員企業の紹介ページも低品質なコンテンツです

会員企業が登録されている共同受注サイトなどで、会員企業を紹介するページは、ほとんどの場合、リンク先のページの内容の一部をコピーしたものです。このようなページには価値は無く、低品質なページです。

このような会員企業を紹介するページを作るなら、サイトオーナーが独自に会員企業の実態を調べて、サイトとしてオリジナルな紹介コンテンツを掲載する必要があります。

それが出来ないのであればnoindexにしてGoogleにページを収集させないようにするのが無難です。

重複コンテンツによって起こる問題と対処方法

少しの重複は容認されるが大量の重複コンテンツはペナルティになる

URLの正規化ができていないために起こる重複コンテンツ

例えばトップページがhttps://yourdomain.com、https://www.yourdomain.com、https://yourdomain.com/index.html、https://www.yourdomain.com/index.htmlでアクセスできる状態になっていると、重複コンテンツです。このように同じコンテンツが違うURLで表示される状態を重複コンテンツと言います。

WordPressの場合は、サイトアドレス (URL)で指定したURLでしか表示されないので、重複の心配はありません。

canonicalを指定して正規URLをGoogleに伝える

重複ページを残したまま、Googleに正規のURLを指定する場合は、canonicalを使用して、重複ページのhead内に記述し、正規化したいURLを記載します。

<link rel=”canonical” href=”www.example.jp”>

.htaccessを利用して他のURLを指定されても正規URLにリダイレクトする

.htaccessはサーバーによっては使えない場合がありますので、サーバー会社に確認した上で使用して下さい。

記載方法は

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ https://yourdomain.com/$1 [R=301,L]

Windowsの場合、.htaccessのファイル名を作成出来ないので、a.htaccessなど適当なファイル名で、メモ帳で作成してFTPでアップロードした後に、サーバー側のa.htaccessを名前を変更で、aを削除すれば機能します。

モバイルページをサブディレクトリで運営している

最近は、レスポンシブ対応が主流になって、モバイルページをサブディレクトリで運営している例は少なくなりましたが、古いサイトをそのまま運営している場合には、サブディレクトリで運営している場合もあります。

このような場合は、出来るだけ早くレスポンシブ対応に移行するようにしましょう。

非ログインページが商品数の数だけある

会員登録が必要なサイトでログインせずに会員ページにアクセスした場合に「会員登録が必要です」などと表示されるページが全ての商品ページのURLで表示される場合は、重複コンテンツであると同時に低品質なコンテンツでもあります。これはとても重大な問題で、低品質なコンテンツが大量にしかも重複して存在するのは、サイトの約半分は低品質なコンテンツで、このようなサイトはGoogleから大きく評価を落とすことになります。

このような価値の無いページが大量に存在する場合は、必ずnoindexにして、Googleが収集しないようにしましょう。

パラメーターで大量の重複ページを吐き出す

多言語対応しているサイトで、外国語を選択した時に、プログラムで言語を切り替える設定にしている場合に、正規のURLと?lang=enなどのパラメーターで表示されるページが重複することがあります。

このようなパラメーターを使用する方法をGoogleは非推奨としていて、良い方法ではありません。そして、このパラメーターによって、サイトにある全ページが重複コンテンツになってしまいます。

これを避けるためには、多言語のページをサブディレクトリにして、パラメーターを使用しないようにすることです。

マンションの物件ページの説明があまりに簡潔だと類似ページです

不動産のポータルサイトで、マンションの物件ページの物件の説明を詳しく掲載していないと、ほとんどの物件ページが画像と間取り程度になってしまい、物件ごとにオリジナリティのあるページではなくなってしまいます。

このようなページは類似ページであると同時に低品質なページにもなるので、物件毎に丁寧な説明を記載しましょう。

不自然な外部リンクを見つける方法

Search consoleの最新のリンクをダウンロード

最新のリンク

Search consoleのリンク→右上の外部リンクをエクスポート→最新のリンクの順にクリックすると、ファイル形式の選択が表示され、CSVをダウンロードかGoogleスプレッドシートのどちらかを選択します。

選択したファイルに表示されるURLを一つ一つ確認して、不自然なリンクを見つけて行きます。

実際の不自然なリンク

低品質なページからのリンク
口コミ

このページは店舗名と住所、電話番号、URLが記載されているだけで、ユーザーにとって価値ある情報を全く提供していません。このようなページからのリンクには必然性が無く(必然性が無いと言うのは、なぜリンク先のページを紹介したいのかが記載されておらず、ユーザーがリンクをクリックしてみたくなるようなコンテンツが記載されていまいと言う事です)、ランキングを操作する目的で設置されたリンクと判断され、ペナルティの対象になります。

本文と関係の無いリンク

本文と関係の無いリンクリンクと言うのは、本文の中で、リンク先の関連する情報について詳しい説明を記載して、ユーザーにそのページを案内するためにリンクを設置するのが、自然なリンクです。

このページのように本文に記載されている内容と全く関連の無いページへリンクを設置されるのは、ユーザーのリンク先のページを紹介する必然性が無く、とても不自然なリンクで、ペナルティの対象になります。

質の低いディレクトリやブックマーク サイトのリンク

Yomi-SearchYomi-Searchは誰でも登録できるディレクトリ型検索エンジンです。現在でも登録する人が多いのか、まだ生き残っています。登録するサイトについて審査もされずに誰でも登録できることから、低品質なディレクトリと判断されるので、Yomi-Search系の検索エンジンからのリンクは全てペナルティの対象です。少しでもアクセスアップしたい気持は分かりますが、このようなサイトへの登録は害しかありません。絶対に登録しないようにしましょう。

質の低いディレクトリと判断する基準は、サイト登録にあたって審査があるかどうかが、まず基本だそうです。

リンク集雑多なリンク集です。このようなページからのリンクもリンクを設置する必然性が無く、ページを訪れたユーザーがリンクをクリックしようと思うような情報がありません。このようなリンク集は、第三者が一方的に作成する場合が多く、自分ではコントロールできません。リンク集の中には、ページの説明が記載されいる場合もありますが、Description程度の説明があってもペナルティの対象になると考えて下さい。

誘導ページ

これは、無料ブログを運営している場合に良く見られるものです。メインサイトへのアクセスを少しでも増やそうと思って、無料ブログを運営することもあると思いますが、無料ブログに記載する内容が、メインサイトの内容を簡潔に記載した内容になっているような場合は、ペナルティになります。

無料ブログを運営する場合は独自のコンテンツを掲載して、ページのコンテンツと関連が高い場合のみリンクを設置して下さい。

低品質なページからのリンク

商工会議所や業界団体から会員企業としてリンクされているページは低品質なページです。会員企業の紹介として、経営者の人柄や企業としての強みや商品の良さなどを記載した上でねリンクが設置されていれば問題ありませんが、企業名と住所、電話番号とURLと僅かな説明程度でリンクされていると低品質なページからのリンクになりペナルティを受けます。

何度も言うように、リンクには必然性が無いといけません。「経営者の人柄がとても良いからホームページも見て下さい」とか「他社には無い強みを持っているので、お役に立つかも知れないので見て下さい」と言うようなホームページを紹介する動機や必然性が無ければ全て不自然リンクです。

さまざまなサイトのフッターやテンプレートに埋め込まれて広く配布されるリンク

リンク元と関連のある情報が記載されているとしても、フッターやサイドバーからのリンクはペナルティになる可能性があります。関連性が高く、善意のリンクでもサイドバーからのリンクでペナルティになったこともありました。
また、関連企業のサイトへフッターやサイドバーから相互リンクを設置していてペナルティになったサイトもありました。

内部リンクであれば、そのサイトに記載されているコンテンツを求めてユーザーが訪れるので、サイドバーやブッター、メインナビゲーションからあらゆるページへリンクを設置するのは不自然ではありません。また、特定のページに掲載しているコンテンツと関連があって、違う角度からの説明やもっと詳しい説明がある外部のサイトへリンクを設置することは自然なことですが、サイドバーやフッターに設置されたリンクにゆってどのコンテンツからでも外部リンクが設置されるのは自然では無いと考えて下さい。

多言語サイトでもないのに外国語のページからのリンク

多言語化しているサイトであれば、外国語のページからリンクされる可能性はありますが、日本語のサイトが外国語のサイトからリンクされるのはとても不自然です。外国語のページからのリンクも関連が低い可能性が高いので、ペナルティになる可能性が高いです。

リンクに必然性が無ければ不自然なリンクです

自然なリンクは、ある情報についてページにコンテンツを掲載して、そのコンテンツに関連しているページをユーザーに「このページも参考になりますよ」と紹介するためにリンクを設置したのであれば、自然発生リンクです。
しかし、実際には、そのような自然発生リンクはほとんど無く、設置されている外部リンクの大多数は不自然なリンクです。

不自然なリンクは、意図せずに自分で設置する場合もありますが、ほとんどは自分の知らないところでいつの間にか設置されることが多くあります。

不自然なリンクが多いと、Googleからペナルティを受けてメインキーワードでも圏外になったりして、全くアクセスが増えない状態になります。このように危険性の高い外部リンクを放置せずに、対応を行って、本来サイトが持っているポテンシャルを最大限に発揮できるようにしましょう。

次は、不自然なリンクの否認方法について記載します。

不自然リンクの否認を行ってペナルティ解除

リンク否認の方法

不自然なリンクで自動ペナルティを受けると、SEO上とても大きな悪影響を受けます。ランキングを操作するような、Googleのガイドラインに違反するリンクが多いと、検索順位が大きく下がったり、圏外に飛ばされたり、Googleからの評価が著しく低下します。不自然なリンク元に対して、リンク削除を依頼できる場合は、削除してもらえば良いですが、どうしても削除できない場合は、Googleが提供しているリンク否認ツールを使って、リンクを無効化します。

不自然なリンクはSearch consoleの「リンク」→「外部リンクをエクスポート」→「最新のリンク」でCSVかスプレッドシートかを選択します。否認するリンクはリンクプログラムに記載されている。Yomi-searchのような自分で無料で登録できるリンク集や、記事の内容に一貫性が無いワードサラダのような文章からのリンク、フッターやサイドバーなどのテンプレートからのリンク、SEO業者が設置したリンクなどです。また、相互リンクや、アンカーテキストが同じリンクや広告でnofollowになっていないリンクもかなり高い確率でペナルティを受けます。

リンク否認ファイルを作成する

Search consoleからダウンロードした最新のリンクから不自然な被リンクを1件1件確認して不自然なリンクが発見されたら、リンク否認ファイルに記載します。

リンク否認リンクの否認はメモ帳(テキストファイル)を利用します。ファイル名は何でも問題ありません。好きなファイル名を付けて下さい。不自然なリンクと特定したら、そのドメイン全てを否認します。ページ毎に否認する方法もありますが、ダウンロードした最新のリンクは全てのリンクが記載されているとは限りませんので、ページ毎に否認すると否認漏れが出てしまい、ペナルティの解除が出来なくなる恐れがあります。

ドメイン毎否認するには、domain:hinindomain.com(hinindomain.comの部分は否認したいサイトのドメインです)と設定すると不自然リンクのあるドメインの全てのページからのリンクを否認することが出来ます。複数のドメインに渡って不自然リンクがある場合は、画像の例のように一行ごとにドメインを記載してファイルを保存します。

ページ単位でリンク否認する場合は、URLを記載します。同じドメインから良質なリンクと不自然なリンクがあって、不自然なリンクのURLのみ否認したい場合は、URLをそのまま記載します。

よく、不自然リンクでペナルティを受けた場合は、リンクを削除する努力をして下さいと記載されているサイトもありますが、リンクの削除の努力をするのは、手動ペナルティの場合で、手動ペナルティの場合は、解除申請する時に、不自然リンクを減らすためにどれだけ努力したのかを記載したものをGoogleの社員が読んで、ペナルティ解除を決定するので、記載しないといけませんが、自動ペナルティはアルゴリズムでペナルティが判断されるので、削除の努力などは記載する必要はありません。

リンク否認ファイルを送信する

Search consoleリンクの否認このページの否認ツールからリンク否認ファイルの送信を行います。ただ、新しいサーチコンソールにもリンク否認の機能が加わりましたので、Search consoleからリンク否認を行います。

リンク否認を行うサイトを選択する

否認を行うサイトを選択する複数のサイトを運営してSearch consoleに登録していると、サイトを選択する必要があります。リンク否認を行うサイトを選択して「リンクの否認」のボタンをクリックします。

間違って良質なリンクを否認してしまった場合は、そのドメインを削除すれは良いので心配はいりません

パフォーマンスに影響

「これは高度な機能なので、慎重に使用する必要があります。使い方を間違えると、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスに悪影響が及ぶ可能性があります。ご自分のサイトに対して、スパム行為のあるリンク、人為的リンク、品質が低いリンクが数多くあり、それが問題を引き起こしていると確信した場合にのみ、サイトへのリンクを否認することをおすすめします。」と記載されていますが、間違って良質なリンクを否認してしまい、否認が原因で順位が下がった場合は、否認したドメインの中でも良質と思われるドメインの行を削除すれば、問題ありませんので、あまり心配せずに、「リンクの否認」をクリックします。

リンク否認ファイルを送信する

リンク否認ファイルを送信する

このページで作成したリンクの否認ファイルを送信します。「ファイルの選択」で、否認するドメインを記載したtxtファイルを選択します。次に「送信」→「完了」でリンク否認の手続きは完了します。

外部リンクによる自動ペナルティの解除には時間がかかる

リンク否認ファイルを送信したらすぐにペナルティが解除されるわけではありません。不自然なリンク1本1本をGooglebotが辿らないとGoogleのデータベースは更新されず、リンク否認も成立しません。

ページのクロールは行われてもリンクは辿らないことがよくありますので、外部リンクによる自動ペナルティの解除にはかなり長い時間が必要だと認識して下さい。

私の経験した事例では、最長8ヶ月かかりました。一般的に3ヶ月以上は要すると思っていて間違いないでしょう。

外部リンクの自動ペナルティの解除に時間がかかることをGoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏が回答しています。

一度リンク否認して安心してはいけません

リンクの否認ファイルを送信したら、あとは待てばペナルティが解除されると安心してはいけません。ペナルティの解除を待っている間にGoogleが新たな不自然リンクを見つけ出すこともあります。

Search consoleの最新のリンクは1ヶ月に2~3回程度更新されるので、新たなリンクが掲載されていないかチェックしましょう。

その中に新たな不自然リンクが見つかれば、前回送信したリンク否認ファイルの次の行にドメインを追加して送信しましょう。間違っても、以前に否認したドメインを消去しないように注意して下さい。

ペナルティの解除は良質なリンクと不自然なリンクを天秤にかけて、良質なリンクが上回れば否認の効果が出始めます。ただ、何年間も辿られないリンクもあり、完全にクリーンな状態にはまずなりませんが、出来る限りクリーンな状態を保つように外部リンクのチェックは定期的に行うようにしましょう。

ペナルティが解除されると検索順位が上昇して、表示回数も劇的に改善し、アクセスもそれまで想像出来ないくらいに増加します。