相続で集客する上で重要な検索意図を理解する

2023年11月24日

ユーザーが検索窓に入れるキーワードでどのような回答を求めているのかが検索意図です。検索意図はキーワードや検索する個人個人によっても変化します。検索キーワードには出てこない隠れたユーザーのニーズが検索意図です。

しかし、検索意図を考えずに情報を掲載することは、独りよがりの情報になりがちです。ユーザーが本当に求めている情報は何なのかを考えてコンテンツを作成することが検索結果の上位に表示するポイントです。

検索意図を理解することと、検索意図に合ったコンテンツを掲載するポイントを掲載いたします。

検索意図に合ったコンテンツが重要な理由

Googleはユーザーが検索窓に入れるキーワードをユーザーの疑問や質問と考えて、ユーザーの疑問や質問に対する最良の回答を検索結果の上位に表示しようとしています。

Goolgeのビジネスモデルはユーザーの検索意図に合った良質な検索サービスを提供して、検索結果と同時に表示される広告をクリックしてもらい課金で収益を得ることです。

Googleの検索品質が落ちて、ユーザーが望む検索意図に合ったページを検索結果の上位に表示出来なくなれば、Googleの利用者が減り収益が減少してしまうので、Googleは常にユーザーの検索意図を考えています。

つまり、相続でSEOを行うと言うことは、Googleに好まれるページを作ることでは無く、ユーザーの検索意図に合った情報を掲載することです。

検索意図に合った様々な切り口の情報が上位に表示される

ユーザーが検索窓に入力するキーワードに込められた検索意図はユーザーによって様々です。

Googleはこのような様々なユーザーの検索意図を満たす検索結果を返すために、上位に表示されるページは同じ内容が記載されたページを並べることはありません。

狙ったキーワードで検索結果の上位に表示させるためには、ユーザーの様々な検索意図を知ることが重要で、考えられる検索意図に対して、すでに上位ページには記載されていないコンテンツを掲載することで、検索結果の上位に表示される可能性が大きくなります。

すでに上位に表示されているページと同じ傾向のコンテンツで上位に掲載されているページよりも内容が薄いページは上位表示の可能性が極めて低くなってしまいます。

検索意図とはユーザーが求めている回答

あなたが検索する時のことを思い出して下さい。検索窓にキーワードを入れて検索する時と言うのは、何か疑問や悩みを感じた時に、その解答を求めて検索窓にキーワードを入れて検索します。この検索窓に入れるキーワードを「クエリ」と言います。

例えば、「草冠に目」で検索しているユーザーは苜の読み方(モク、ボク)を調べているので、読み方や意味など簡単な説明のあるページが検索意図に合っています。

また、「無料画像素材」で検索しているユーザーは、無料で使える画像を探しているので、検索結果の上位には、テキストがほとんど無く、画像が並んでいるページが表示されます。

「Chat GPT」で検索しているユーザーは、Chat GPTを使ってみたいと思っているか、Chat GPTの使い方やどんなことが出来るのかを知りたいと思っているので、検索結果には、Chat GPTを利用出来るサイトや使い方や出来ることを詳しく解説したページが表示されます。

さらに「パソコン」で検索しているユーザーは、パソコンとはどんなものなのかを知りたいわけでは無く、「パソコン」を購入したいと思っているので、パソコンの商品ページが表示されます。ユーザーが求めているのは、パソコンのデザインとスペックと価格なので、コマーシャルページが検索意図に合っています。

このような検索結果が返されると言うことは、Googleはキーワードに込められたユーザーの検索意図を理解していると言うことです。

つまり、検索意図と合わないコンテンツを掲載しても検索結果の上位に表示される可能性はとても低いと言うことです。

「相続」に関連するキーワードは、ユーザーが直面している問題に対する解決策を探していることが多いので、解決する選択肢を示しながら、丁寧な解決策を記載した長文が必要です。

このように、ユーザーの検索意図はキーワードによって様々で、単純に1つと考えられる場合と、多様な意図がある場合があります。

検索意図によって、端的に回答を掲載した短文のページが合っている場合もあれば、商品の良さをアピールするコマーシャルページが合っている場合もありますし、丁寧な説明が記載された長文のコンテンツが必要な場合もあり、検索意図に合ったコンテンツに適切な文字数などもありません。

検索意図を適切に把握して、検索意図に合ったコンテンツの掲載が上位表示の条件です。

検索意図と合わないコンテンツはキーワードでヒットしない

ユーザーは検索するキーワードにそれぞれ目的があり、望んでいる回答があります。

例えば、「遺産整理」で検索しているほとんどのユーザーは遺産整理がどんなサービスなのか既に理解していて、最もコストパフォーマンスが良いサイトを探しています。この場合、「遺産整理」がどんなサービスなのかを長々と説明しても検索意図には合っていないので、検索結果の上位には表示されません。

「遺産整理」はサービス名なので、銀行やその他の士業のどこに依頼するのが最適なのかのコンテンツページか、自社のサービスが他社よりも優れていることをアピールするコマーシャルページの方が検索意図に合っています。

また、「公正証書遺言」で検索しているユーザーは、公正証書遺言とは何なのか、どんなメリットがあり、どのように作成するのか知りたいと思っているユーザーもいるかも知れませんし、「遺産整理」と同様に公正証書遺言とは何かを理解していて、公正証書遺言の作成サポートをしてくれる専門家を探しているかも知れません。

さらに、「相続放棄」の検索意図はさらに多様になって、相続放棄とはどんなことが出来るのかを知りたいユーザーもいれば、相続人にとって都合の悪い負債や空き家だけを相続放棄出来ないかと思っているユーザーもいれば、被相続人に保証債務があり、相続放棄すべきなのか判断が出来なくて迷っているユーザーもいます。また、相続放棄すべきかどうかの判断基準が知りたいユーザーもいるかも知れません。

このようなユーザーに対して、相続放棄の手続きについての説明を掲載しても、全く検索意図に合っていないので、検索結果には表示されません。

「相続税 ぎりぎり」は相続税の基礎控除とほぼ同額の相続財産で、申告が必要なのかどうなのかを調べているか、特例を利用して確実に相続税を払わなくても良いように出来ないかと思って検索しています。このようなユーザーは相続専門の税理士の情報が絶対に必要です。

「相続税 ぎりぎり」で検索しているユーザーのほとんどは専門家である税理士に依頼しないと適切な対応が出来ないので、ユーザーが求めているコンテンツを掲載すれば、受任出来る可能性はかなり高くなります。

このような相続人にとって切実で、専門家のアドバイスが無いと先に進めないようなキーワードを狙ってコンテンツの作成を行うことで、お問合せの獲得件数を伸ばすことが有効です。

ユーザーの検索意図を十分に理解して、検索キーワードに対して的を射たコンテンツを掲載することは、有効な集客と受任にはとても重要なポイントです。

検索意図に合ったコンテンツを掲載する

「相続」のサポートを行うサイトを運営する場合、掲載するコンテンツのキーワードに込められたユーザーの検索意図を十分に理解して執筆する必要があります。

「相続」で有効な集客が出来るかどうかは、この検索意図を理解出来るかどうかにかかっています。さらに言い換えれば、検索しているユーザーの悩みや立場や心理状態を理解したり共感できるかにかかっています。

ユーザーに共感出来るかどうかは、実際にサービスを提供した時のユーザーの満足度にも影響することなので、相続のような家族の深い心の問題と対峙するサービスを行う場合には絶対に必要なスキルです。

検索意図が理解できたら、そのキーワードで知りたい情報を出来るだけ詳しく、相続の素人にも十分に理解出来るような丁寧な情報の掲載が必要です。

相続は法律に基づいたサービスなので、どこの事務所が掲載するコンテンツも同じような内容になるのは当然ですが、より詳しく丁寧な記載を行うことを心がけて専門的で差別化したサイト運営を行いましょう。

「相続」に関連するキーワードの検索意図は多様

相続に関連する様々なキーワードの検索意図は、相続人の置かれている立場も誰一人として同じことは無いので、検索意図は多様です。

検索意図が多様な場合は、1ページで1つの検索意図に対する回答を掲載して、それぞれの検索意図にあったページを作成することが基本です。

また、ユーザーの置かれている状況によって、様々な複合キーワードで検索されていることもありますので、その複合キーワードを想定して、検索意図を考えて具体的で最適な回答を掲載することが有効な集客のポイントです。

検索エンジンからの集客が出来ていない場合は検索意図と合ったコンテンツか確認しましょう

自分では良質なコンテンツの掲載を続けているのに、検索エンジンからの集客が出来ていないとお感じなら、検索意図に合った情報を掲載しているか再確認しましょう。

Googleが考えている検索意図は、コアアルゴリズムアップデートなどのアルゴリズムの更新を繰り返して変化して行きますので、主要なキーワードは定期的に確認するのが良いですが、普段のお仕事で忙しく、そこまで確認出来ない場合は、専門家に依頼することも考えておきましょう。

Googleが検索意図に合っているページは、そのキーワードで検索結果の上位に表示されているページが検索意図に合っていると考えているページです。

上位に表示されているページを確認して、自分が掲載しているページの方向が合っているかを確認します。上位に表示されているページは幾つかの方向があり、全てが同じ方向ではありません。

方向が違う場合は、記事の方向性を変更しましょう。方向が同じなのに上位に表示されていない場合は、上位に表示されているページよりも詳しい説明が必要です。

より詳しく、ユーザーにとって親切な情報を掲載するようにしましょう。

相続のお問合せを獲得するのであればユーザーに寄り添った情報は必須

相続の案件を受任するには、相続の無料相談などお問合せを獲得することが重要です。

無料相談やお問合せを獲得するには、事務所のホームページに掲載されている情報がユーザーにとって納得行く情報が掲載されていることがとても重要で、ユーザーの疑問や質問の回答として、専門性の高い回答が掲載されていると、お問合せや相談をしてみようと思うようになるのです。

相続の相談をするユーザーは、ホームページに掲載されている情報から、この専門家なら自分の抱えている問題を解決してくれると感じる理由があるからお問合せするのです。解決出来ると思えるような情報が無いサイトはどれだけ公開を続けていてもお問合せには繋がりません。

検索意図に合った情報は「相続解決事例」が最適

ユーザーの検索意図にも最も合った情報になり易いのは、相続解決事例です。相続解決事例は、実際にユーザーが悩んでいる問題に対する解決の事例なので、解決事例を詳しく掲載すると、ユーザーの検索意図には必ず合った情報になりますので、おすすめです。

相続解決事例はユーザーの検索意図をあまり考えなくても、依頼内容とどのように解決したのかを詳しく記載すれば自然に検索意図にあった情報になりますので、ホームページに解決事例を多く掲載できれば、切実なユーザーのアクセスを多く集めることが出来るようになります。

相談内容や解決した事例で、検索意図を知り適切なコンテンツの作成が出来ます。

「相続解決事例」は切実な問題に直面しているユーザーにとっては有益で役立つ情報でマーケティングには欠かせないコンテンツです。

1ページ1キーワードでコンテンツを作成する

SEOの基本は、1ページ1キーワードです。1ページで複数のキーワードにヒットさせようとすると、どのキーワードでも上位に表示出来ないコンテンツになってしまいますので、キーワード毎にページを作成します。

例えば、「相続放棄とは」「相続放棄 空き家」「相続放棄 保証人」など、キーワード毎のコンテンツを作成するのが、SEOの成果を上げるポイントです。

このように、キーワード毎にコンテンツの作成を継続しているとコンテンツの多いサイトになり、サイトのほとんどのページが集客する強いサイトになって行きます。

ターゲットキーワードはtitleに記載する

検索結果の上位に表示させたいキーワードが決まったら、キーワードは必ずタイトルタグに記載しましょう。

タイトルタグの重要性は、近年低下していますが、それでも、タイトルにキーワードを記載することで、ページに何が書いてあるのがGoogleにも適切に伝えることが出来ます。

タイトルはそのページに何が書いてあるのかを端的に記載して、ユーザーが興味を持つような内容にしましょう。

キーワード毎の最適化情報を提供いたします

競合分析

ユーザーの検索意図を考えて、コンテンツを作成すれば、ある程度の順位には表示されますが、さらに上位に表示するための最適化には、上位ページの分析を元に、自社のコンテンツの何を修正すれば良いのかを明示するデータが必要です。

高性能なツールのデータに基づいて、コンテンツの修正を行えば上位に表示出来る可能性が高くなります。

ユーザーが最優先で、検索エンジンのためにページを作らない

ユーザーの悩みや疑問に寄り添うコンテンツを掲載することが最優先です。

検索エンジンからの集客を目指す余り、検索エンジンから評価されることを目標にしたページを作ることは、かえって検索エンジンからの評価を落とします。

Googleはユーザーのキーワードと最も合っているページを検索結果の上位に表示しようとしています。Googleはページに記載されている情報がユーザーにとって最良の回答かどうかを判断していますので、ページを作成する側のユーザーにとって最良の回答かを常に問うようにして下さい。

行った施策がユーザーのためか、検索エンジンのためかの判断は、その施策は検索エンジンが無くても行う施策かどうかで判断出来ます。

まとめ

ユーザーは検索するキーワードに込められた期待する回答があります。求めている回答はキーワードによって様々で、長文だから良いとも言えません。

ユーザーが求めている回答をユーザーの立場に立って考えることが重要です。自分だったら、そのキーワードでどんな回答を期待するかを十分に考えて、最良の回答を掲載するようにしましょう。

ホームページから得られる情報によって、ユーザーが抱えている問題を解決出来ればそれに越したことは無く、解決出来ない場合は、専門家として対応します。と言う親切な姿勢で解決策を紹介している事務所に対してユーザーは好感を持つのです。

ユーザーの意図が理解出来たら、1キーワードで1ページを作成しましょう。1ページで複数のキーワードで上位に表示させようとすると、どのキーワードでも上位に表示されなくなりますので、注意しましょう。

アクセス数やお問合せ数を増加させ売上げを向上させたいとお考えなら、ユーザーの検索意図に最大限の関心を持ってコンテンツを作成することが検索結果の上位表示に繋がります。

相続

Posted by 清水 康次