相続税対策に役立つSEOのポイント

相続税は、多くの人にとって重要なテーマです。相続税に関する情報をインターネットで探す人々が増えている中で、SEOを駆使してウェブサイトの検索順位を上げることは、より多くのアクセスを獲得するために必要不可欠でしょう。そこで今回の記事では、相続税とSEOに焦点を当て、相続税に関連する情報を提供するウェブサイトが検索エンジンで上位表示されるための具体的な戦略について解説します。

ぜひ最後までご覧いただき、相続税を扱う士業の方、会社や事務所のWeb運用やマーケティングの担当者に向け参考にしていただければと思います。

相続税とは?

相続税は、被相続人(故人)の遺産を相続人が受け取る際に課される税金のことを指します。相続税の計算は、遺産の総額から一定の控除額を差し引いた残りに対して課税されます。

相続税の課税対象となる財産

相続税の課税対象となる財産は、主に不動産(土地・建物)、現金・預金、株式、債券、生命保険金、家具、貴金属、骨董品があります。

相続税を扱う専門家

相続税を扱う士業には弁護士、税理士、司法書士、行政書士がいますが、多くの一般の人にとっては業務の棲み分けや事業の違いは分からないと思います。

それぞれの業種別に相続税に関連した相談内容の分野や強みなどの概要を説明します。

<弁護士>

法律のプロである弁護士は、金融機関での相続手続きや、相続に関係する法律問題を取り扱います。

他の士業との大きな違いとしては「代理権」を持っていることが大きな特徴で、本人に代わって裁判所で遺産分割の交渉や調停を行います。

<税理士>

税金のプロである税理士は、相続税の相談をもっとも受ける可能性の高い士業でしょう。

税務書類の作成を依頼する等して、普段からやりとりのある方も多いのではないでしょうか。

主に相続税の申告が必要なケースや節税を考えた遺言書を作るケースで税理士に相談することになります。

<司法書士>

司法書士は主に法務局や裁判所等へ提出が必要な書類を作成する専門家です。

不動産登記の手続きや遺言書関連の依頼も多いため、相続税にも関わります。

ほかにも不動産の名義変更や相続放棄の相談に乗ることも可能です。

<行政書士>

行政書士も司法書士と同様、書類作成を専門に扱います。

相続税関連の業務では、相続人調査や事実証明書類、遺産分割協議書の作成といった依頼が可能です。

他の士業に依頼するよりも費用を安く抑えられる傾向にありますが、トラブルや争いごとになるようなリスクがある場合は行政書士では解決することができません。そのため、弁護士に依頼した方が良いでしょう。

相続税に関するSEOの重要性

なぜ相続税関連のSEOが重要なのか

相続税に関する情報を求める人々というのは、信頼性の高い情報を求めています。検索エンジンで上位に表示されることで、信頼性を示し、より多くの訪問者をサイトに誘導することが可能です。また、SEO対策を施すことで、競合サイトとの差別化を図り、顧客の獲得につながりやすくなるのです。

キーワードリサーチの重要性と選び方

SEOにおいて、適切なキーワードの選定は非常に重要です。相続税に関連する具体的なキーワードをリサーチし、サイトのコンテンツに効果的に取り入れることで、検索エンジンからの評価を高めることができるのです。

選定のポイントは、実際の業務に関連したキーワード、地域の人から問合せが期待できそうなキーワード、ターゲットが知りたいと思っているキーワードの中から洗い出すことです。

それでは例として、相続税に関連するSEOキーワードの選定で参考になるようなキーワードを一覧で紹介します。

<主なキーワード>

・相続税

・相続税対策

・相続税計算

・相続税申告

・相続税の控除

<ロングテールキーワード>

・相続税 節税対策

・相続税 申告方法

・相続税 基礎控除

・相続税 生前贈与

・相続税 税理士

・相続税 料金

キーワードの使い方

キーワードは、記事のタイトル、見出し、本文中に適切に配置することが大切です。また、過度なキーワードの使用は避け、自然な文章の中に埋め込むことがSEO効果を高めます。

相続税に関するコンテンツの作成

高品質なコンテンツ

相続税に関する高品質なコンテンツを提供することで、訪問者の信頼を得ることができます。具体的な節税対策や相続税の計算方法、申告手続きに関する詳細なガイドを提供することで、訪問者にとって有益な情報源となります。

見出しの工夫

見出し(H1、H2、H3等)はSEOにおいて重要な要素です。キーワードを含む見出しを作成することで、検索エンジンがコンテンツの内容を理解しやすくなります。また、読みやすい見出しを作ることで、訪問者が情報を見つけやすくなります。

内部リンクと外部リンク

関連する記事やページへの内部リンクを設置することで、サイト内の回遊性を高め、訪問者の滞在時間を延ばすことができます。また、信頼性、専門性、関連性の高い外部サイトへのリンクも、検索エンジンからの評価を高める要因となります。

モバイルフレンドリー

現在、多くのユーザーがスマートフォンやタブレットを使用して情報を検索しています。サイトがモバイルフレンドリーであることは、SEOにおいて重要な要素です。レスポンシブデザインを採用し、どのデバイスでも快適に閲覧できるようにしましょう。

ページの読み込み速度

ページの読み込み速度は、ユーザーエクスペリエンスとSEOに大きな影響を与えます。画像の最適化やキャッシュの利用、不要なプラグインの削除などを行い、ページの読み込み速度を改善しましょう。

メタタグの最適化

メタタグ(タイトルタグ、ディスクリプションタグ)は、検索結果に表示される内容を決定する重要な要素です。キーワードを含めつつ、魅力的でクリックしたくなるようなメタタグを作成しましょう。

相続税に関する具体的なSEO戦略

定期的なコンテンツ更新

検索エンジンは新しい情報を好みます。定期的に相続税に関する最新情報や法改正についての記事を更新することで、サイトの新鮮さを保ち、検索エンジンからの評価を高めることができます。

SNSの活用

SNSやソーシャルメディアを活用して、相続税に関する記事をシェアすることで、広範なユーザーにリーチできます。ネットを使った集客をあまり活用してこなかった方にとっては投稿するのもなかなか大変かも知れませんが、ソーシャルシェアが増加することで、検索エンジンからの評価も向上するためぜひ取り入れたい戦略です。

また、一般の人にとっては相続税の相談をする士業への依頼はハードルが高く感じます。そこで、ニーズの高いよくある質問や事例、問合せ対して分かりやすく解決策をブログやSNSで提供したり、安心感や親近感を与えられるような投稿をすることで、心理的なハードルを下げ問合せ数のアップに有効です。

ローカルSEOの活用

相続税の相談を受け付ける場合、ローカルSEOも重要です。Googleマイビジネスに登録し、ローカル検索での上位表示を目指しましょう。所在地や連絡先、営業時間などを明確に記載することで、地元のお客様からの信頼を得ることができます。

相続税のSEOに強いサイト作りならSEO対策専門会社へお任せ

相続税のSEO対策の重要性や戦略について説明してきましたが、これまで企業の顧問として仕事をされてきた多くの士業の先生は、集客のための施策や営業活動をする機会を持っていなかったという方が多いためいざ独立して自分の事務所を開業した時にどうやって集客をすれば良いのか分からない、という悩みを持たれています。

SEOの重要性を理解したところでこれらを実施し、しっかり成功させるにはある程度のWebマーケティングの知識や経験、ノウハウが必要になり、事務所の経営や忙しい本業のかたわらでSEO対策に時間と手間をかけることは、現実的に難しいでしょう。

そこで、SEO対策専門会社に依頼することをおすすめしたいと思います。

弊社はこれまで、SEOを意識したブログやコラム等のコンテンツ制作を中心に、ご依頼いただいた全国の企業のホームページのアクセスを大幅に伸ばしてきた実績があります。

お客様のご希望を丁寧にヒアリングし、状況を把握した上で最適な施策を提案・実施します。また、その後の分析やサポートももちろん行いますので、安心してご依頼いただければと思います。

まとめ

相続税に関する情報を提供するWebサイトがSEO対策を行うことは、検索エンジンからの評価を高め、多くの訪問者を獲得するために非常に重要です。適切なキーワードの選定、高品質なコンテンツの作成、技術的なSEO対策を組み合わせることで、検索結果の上位表示を実現し、ユーザーに信頼される情報源となることができます。相続税とSEOの知識を活用し、効果的なウェブサイト運営を目指すために、ぜひSEO対策専門会社である弊社にお気軽にご連絡ください。既にSEOを実施している方も、更に強化するためのコツやアドバイスを行います。

無料のWebサイト診断サービスも行っています。

本サイトでは、他にもSEO対策やWebに関連したさまざまな役立つ情報を掲載しております。ぜひ合わせてご覧ください。