相続でSEO対策は切実な問題に直面しているユーザーへのコンテンツが必須!

2024年1月18日

相続に関連した業務を取り扱う職業には複数あり、中でも「士業」と呼ばれる専門家が担当する領域となります。

例えば税理士司法書士行政書士弁護士、不動産鑑定士、公認会計士等がこれにあたり、相続業務の中でそれぞれに専門分野や得意とする分野を持っています。

しかし、一般の人にとってはどの問題をどこに相談したら良いのか区別することが難しく、”相続 相談”というようなキーワードをインターネットで検索し、上位に表示された事務所の中でとりあえず相談、という流れになるケースが多い傾向にあります。

そのため本来は相続業務に注力していても、検索結果で見つけてもらえないと問合せや集客につなげることが出来ないといった状況に陥りやすくなるのです。

そこで今回の記事では、問合せがなかなか増えない、相続での集客を増やしたいといった悩みや希望を持っている方に向け、相続業務におすすめのSEOについて紹介してまいります。

どうぞ最後までご覧いただき、参考にしていただければと思います。

公正証書遺言

目次

相続で集客するならSEOは必須

相続業務を行う士業の先生は、昔はホームページを持っていない、あるいは持っていても事務所の名前、住所、電話番号といった概要を掲載したページのみで、コンテンツの作成や更新はしないといった方が多かったように思います。

営業的な活動と言えば、相続税などに関するセミナーや相談会の開催が中心だったのではないでしょうか。

しかし2023年現在、士業に限らずほとんどの企業がビジネス戦略としてインターネットやSNSを活用し、Webマーケティングに力を注いでいます。士業の世界も例外ではありません。

しかし大手の法人や相続業務に参入してきた不動産会社などは、広告費に多くの費用をかけており個人事務所にとっては苦戦を強いられがちです。

検索結果を上位表示させるためにリスティング広告を利用されている会社も多いかと思いますが、コストを抑えて確実にアクセス数を伸ばしたい場合、重要となるのは自社サイトのSEOであり、同時にこれは最もおすすめの方法でもあります。

そんなことをしなくても今はそれなりに集客が出来ているから問題ない、という場合であっても、ネットでの集客は今後ますます激しい競争となっていくことが予想されるため油断は出来ません。今からでも適切なSEOを行っていくことが大切です。

また、現在は集客出来ているホームページでも、何もせずに放置していると、自然にGoogleからの評価が落ちて、集客が減って行きます。ホームページの集客を伸ばすためには、狙っているキーワードの順位を上げるための努力を続けていないといけないのです。

ホームページに掲載する情報

キーワード

相続で集客したいサイトに掲載する情報は、「業務案内」「相続お役立ち情報」「相続解決事例」「お客様の声」「事務所案内」「プライバシーポリシー」「お問合せ」「無料相談」等です。

「相続解決事例」は実際に受任した案件の解決事例を詳細に掲載することで、同様の悩みを抱えて検索しているユーザーの検索結果の上位に表示出来るので、事務所の強みに合ったユーザーを獲得することが出来ます。

「お客様の声」はとても良質なコンテンツで、どれだけ事務所のサービスが良いと掲載してもお客様から支持されていなければ自己満足でしかありません。サービスを開始して直ぐには掲載出来ないと思いますが、運営を継続して受任した案件については依頼者にお客様の声を記載いただいて、画像と共にテキストで打ち直して掲載しましょう。

次のブロックでご説明いたしますが、漠然と「相続 地域名」で検索しているユーザーよりも、具体的な問題をキーワードにしているユーザーに対して解決策や対処方法を掲載した方が、より切実で切迫しているユーザーと接点を持つことが出来るので、受任に繋がり易くなります。

また、「相続 地域名」は全ての相続の専門家が狙うキーワードですが、具体的な問題に対するコンテンツはあまり掲載されていないので、競合ページが少ないので上位に表示され易くなります。

切迫しているキーワードのコンテンツは他のサイトで紹介される可能性があり、リンクを獲得する可能性もあります。リンクはそのサイトの人気投票のように評価され、良質な自然発生リンクを獲得できると大きく検索順位を上げる効果があります。リンクはインターネット上の民主主義で、ページの有益性をGoogleが判断する重要な要素なのです。

そして、このようなユーザーにとって価値ある情報を多く掲載しているサイトはサイト全体が高品質と判断されるので、「相続 地域名」「相続放棄 地域名」「遺言 地域名」でも上位に表示されるようになるのです。

困っているユーザーに少しでも悩みの解決に繋がる情報を掲載することを優先したサイト運営を続けることが結果的に成果の上がるwebサイトになるのです。

相続相談事例や解決事例を掲載する場合はタイトルに注意!

相続の相談事例や解決事例を掲載する場合、「○○(市町村名)の相続のご相談」などのタイトルにしてしまうと、具体的な悩みをキーワードにして検索しているユーザーの検索結果に表示されなくなり、せっかく記載しているコンテンツで集客出来なくなってしまいます。

この場合、例えば「相続人の中に妊娠している人がいます。胎児も相続人になれるのでしょうか?(○○市)」のように掲載すると、「相続人 胎児」でヒットするようになり、具体的な解決方法を探しているユーザーと接点を持つことが可能になります。

相続のSEOにはキーワード選定が重要

「相続」で有効な集客を行う場合「相続 地域名」で狙うのが一般的で、当然のキーワードですが、「相続 地域名」で検索しているユーザーは、相続が発生して、漠然とした疑問があって、地域にはどんな専門家がいるのかを調べているので、コンバージョンに繋がる可能性が非常に高いキーワードとは言えません。「相続 地域名」や「相続放棄 地域名」で上位を狙うのは当然ですが、より多くの集客や受任を増やすには、ユーザーにとってより切実なキーワードに対するコンテンツの掲載が有効です。

遺産相続

ユーザーが切実に悩んでいるキーワードを選定する

ユーザーが様々な場面で直面する問題を解決したくて検索しているキーワードはとても優先度の高いキーワードなので、検索結果の上位に表示出来れば、受任に繋がる可能性が高いので、是非、適切なキーワード選定を行って、ユーザーの疑問や質問に対する回答を掲載するようにしましょう。

コンテンツを掲載する場合に重要なことは、悩みを抱えているユーザーの立場にどれだけ立てるかです。悩んでいるユーザーの心理状態や解決したい内容を具体的に思い描いて解決策を記載しましょう。

単なる法律の文面の説明では、ユーザーの検索意図に合っていないので、お問合せの獲得は出来ません。

「相続 地域名」などは確実に地域のユーザーの集客に繋がりますが、解決したい問題が明確では無く、検索結果の上位に表示されている事務所にお問合せしますが、切実なキーワードで検索しているユーザーは、ユーザーが直面している問題を確実に解決してくれる専門家に依頼したいと思うので、直面している問題を解決出来るノウハウを持っていると感じることが出来る、専門性の高いコンテンツを掲載すれば、お問合せの増加が期待出来ます。

遺産分割協議 相続人 以外

このキーワードは遺産分割協議に相続人の配偶者などが口出しして来て、分割協議がスムーズに進まず困っている人です。

公正証書遺言 納得いかない

これは公正証書遺言の記載内容に納得出来ず、無効化出来ないかと思っている人です。公正証書遺言を無効化するのはとてもハードルが高いですが、どのような条件なら無効化出来るのか、出来るだけ詳しい説明を掲載しましょう。

相続放棄 空き家

被相続人が亡くなって空き家となった家を相続放棄出来ないかと思っているユーザーです。空き家だけを相続放棄は出来ないことや、相続放棄しても管理義務が生じること。責任を逃れるには、相続財産管理人を選任する必要がありますが、それにも予納金がかかることなど、空き家の相続放棄は簡単ではありませんが、相続財産管理人でも処分できなければ国庫に帰属するなど詳しく記載する必要があります。

相続放棄 保証人

相続財産は正なのですが、被相続人に保証債務があるので、相続放棄すべきかどうか悩んでいるか、相続順位の全員が借金を相続放棄した場合、連帯保証人が債務の弁済を迫られるのではと悩んでいると考えられます。相続放棄のアドバイスは専門家にしか出来ないことなので、専門家としての高い知見を記載することで受任に繋がり易くなります。

遺産分割協議 応じない

「遺産分割協議 応じない」「遺産分割協議 拒否」「遺産分割協議 進まない」で検索しているユーザーは遺産分割協議が開催出来なかったり、協議をしてもなかなかまとまらない人なので、このキーワードでヒットすれば、専門家に依頼する可能性が非常に高いです。

遺産相続 誰に相談

遺産相続は一生に何度も経験するものでは無いので、誰に相談して良いのか分かりません。ましてや、ネット上の情報を頼りに判断するのはとても危険です。誰に相談するのが良いかは、相続人が置かれている状況によって変わります。それぞれの状況によって最適な士業の先生に相談したとしても、相続が専門では無い人に相談や依頼するのも良くないケースが出て来ます。ご近所の士業の先生に相談すれば良いものでは無いことなど、相続専門の士業の先生に相談しないと有益では無いことを適切に記載する必要があります。

成年後見 親族 反対

親が認知症になったので成年後見を申し立てようとしていますが、親族の中に反対する人がいて困っているケースです。

相続放棄 借地 解体費用

このキーワードは借地の上に被相続人の建物が建っていて、借地権を相続放棄することによって建物の解体費用はどうなるのかが知りたくて検索しています。相続放棄で解体費用の負担は必要無くても、処分出来ない家はどうなるのかなど不安が一杯です。

相続 戸籍 集め方

このキーワードは相続人の特定を自分でしようとしている人で、戸籍をどのように入手するかを調べています。しかし、実際には戸籍を読み解く知識が無いと正しく相続人を特定できない場合もあります。

勝手に相続された

一部の相続人を除外して遺産分割協議を行われて、全く合意していない遺産分割が行われて困っているユーザーです。

相続 家賃収入

家賃収入のある不動産をどのように分割したら良いかを悩んでいるユーザーです。収入があるからと共有持分にしてしまうと、子供や孫の世代でトラブルが発生する火種になってしまいますので、専門家のアドバイスが必要です。

相続 後から遺言書

遺産分割協議が終了した後で遺言書が出てきてどう対処して良いのか分からないユーザーです。遺言書の内容によっては分割協議が無効になるので、専門家のアドバイスを求めています。

相続人 連子

「相続人 連子」「相続人 前妻の子」のような連絡が取りにくい人や意思疎通が難しい相続人がいて悩んでいる人や「相続人 連絡取れない」のような行方不明者がいてどのように対処して良いのか分からないなど、専門家に入ってもらわないと手続きがスムーズに進まない状態の人も依頼に繋がる可能性の高い人です。

相続人 差押

このキーワードは相続人に延滞債務があり、財産が無いので差押を免れていましたが、相続することで債権者から差押されるのかを知りたいととか、差押を免れる方法が無いかを調べています。

相続人 精神疾患

相続人の中に精神疾患の人がいて、判断能力を欠いているような場合で、分割協議をどのように行えば良いのかを調べているユーザーです。

相続人 胎児

生まれて来る子供が相続人としての権利があるのかを調べています。また、相続権がある場合、意思決定が出来ないので、分割協議はどうすれば良いのかを調べています。

相続 前妻の子 後妻の財産

父親が先に亡くなって、後妻が財産を相続して、その後妻が亡くなった時に、前妻の子は相続出来るのかを調べています。父親が築いた財産を他人に相続されるのは許せないと言う気持ちからです。

相続 現金 隠す

被相続人の現金を一部の相続人が隠している疑いがあり、対処方法を調べています。遺産隠しは相続のトラブルに発展しやすい問題で、専門家の対処が必須です。

遺留分払わないとどうなる

相手から遺留分を請求されていますが、相続財産のほとんどが不動産などで、現金で払えないと悩んでいるユーザーです。

相続土地国庫帰属制度 山林

自分が相続した山林を国庫帰属制度で、手放すことが出来るのかを調べていのす。山林を相続しても、不動産価値が低い上に管理も必要になるので、手放せるのであれば手放したいと考えています。

遺言執行者 辞退 その後

遺言執行者が就任前に辞退したので、その後どうしたら良いか悩んでいます。この場合、遺言執行者の選任を家庭裁判所に求めることになりますが、このコンテンツでヒットすれば、そのサイトの専門家を選任するように求められる可能性が高くなります。

前妻の子に相続させない方法

このキーワードは恐らく、被相続人が検索しているキーワードで、関係が薄くなっている前妻の子に相続させたく無いと考えています。遺留分を侵害するような遺言書は作成出来ませんが、生前贈与なども含めたアドバイスが出来れば、公正証書遺言作成のサポートも依頼される可能性があります。

親と縁を切る 相続

このキーワードは、親や家族との関係が悪く、相続を契機に親や家族との縁を切りたいと考えているユーザーです。戸籍上、親との縁を切ることはできませんので、遺産分割協議などで家族と顔を合わせるのもイヤな場合は、相続放棄などを選択することになるかと思います。

死後認知 認められないケース

このキーワードは恐らく、非嫡出子がいることが分かっていて、死後認知を認めたくないと感じている人です。DNA鑑定に協力しないなどで認められることに抵抗することは可能で、最終的には裁判所の判断になります。

共有 地 の 相続

被相続人と相続人との共有では無く、相続人以外との共有になる土地の相続について調べています。共有の土地は売却も困難ですし、共有名義を解消することも簡単ではありません。

記載するコンテンツは競合よりも詳細で深堀りした情報が必要

ホームページの運用を行って、なかなかアクセスが増えないサイトの特徴として、一般論しか掲載されていないと言う共通点が挙げられます。

Googleはユーザーの疑問や質問に対する最良の回答を検索結果の上位に表示しようと考えていますので、一般論程度の情報をどれだけ多くの数を掲載しても、どのページも上位に表示されなくなって有効な集客が出来なくなります。

少なくとも、地域の競合サイトが掲載している以上の情報を掲載する必要があります。

例えば「相続放棄 地域名」で検索した時に上位に表示されている、まとめサイト以外の個別の事務所のページを確認して、どんな記載をしているのか確認しましょう。同じ方向の記載をするのであれば、より詳しく深堀りした情報を掲載する必要がありますし、違った切り口の詳細な情報を掲載することで上位に表示される可能性があります。

コンテンツを読むユーザーが満足出来る情報の掲載が何よりも重要なのです。

ユーザーの検索意図を十分に考える

ユーザーの検索意図を考えずにやみくもに情報を掲載しても検索結果には表示されません。ユーザーの悩みや疑問に対する回答を求めている場合は、悩みや疑問に対する回答の掲載が必須ですが、サービス名(例えば「遺産整理」など)で検索している場合は、ユーザーは遺産整理がどんなサービスなのか知っていて、より安く、より良いサービスを提供してくれる事務所を探しているので、掲載する情報はコンテンツでは無く、コマーシャルが適しています。コマーシャルページの場合は、自社の強みや他の業種との比較などを簡潔に記載して、自社に依頼するメリットをユーザーにダイレクトに伝える情報にしましょう。

また、具体的な悩みをキーワードにしている場合は、ユーザーは悩みに対する解決策を期待して検索しているので、その期待に応える内容を掲載するようにしましょう。

相続税は節税が最優先

相続税に関連するキーワードで集客を目指す税理士事務所の場合は、ユーザーが求めているのは、生前対策も含めた節税です。様々な控除などは専門知識が無いと適正な申告が出来ないので、最善の節税対策を提案出来ると思えるような、専門性の高いコンテンツが必要です。

また、企業の経営者には事業承継についてのコンサルティングも重要です。

企業の経営者は顧問税理士と契約していますが、顧問税理士が相続の専門では無い場合もありますので、そのようなユーザーをサポートすることもホームページに記載しておくと良いでしょう。

執筆者情報も忘れずに!

相続はYMYL(Your Money or Your Life)に該当する分野です。YMYLはGoogleが規定している人の幸福、健康や金融に関する情報分野のことで、特に「専門性」「権威性」「信頼性」「経験」が求められます。

コンテンツの内容が正確で信頼性が高く、専門家としての深い洞察が記載されていることが求められます。

さらに権威性として、誰が記載したコンテンツなのかも重要な評価項目になりますので、コンテンツの最後に執筆者情報の掲載も必要です。

提携している士業がある場合は必ず記載しましょう

それぞれの士業によって取り扱える範囲に制限があるので、範囲を超えた依頼に対して、提携している士業の事務所があって、ワンストップで対応可能な場合は、そのことは必ず記載しましょう。

依頼者にとって、複数の事務所に依頼しないといけないのは、大きな負担になりますので、ユーザーにとって良い体制を整えていることは確実に伝わるようにしましょう。

ユーザー導線を適切に設計する

導線

上記の画像は大手コンサルティング会社が作成した相続のサイトのメインメニューです。メインメニューはユーザーが知りたい情報に最小のクリックで到達できるように設計する必要があります。

しかし、このメインメニューは相続に関連する情報への導線が全くありません。

このメインメニューは手っ取り早く「無料相談」を獲得したい士業の専門家が見せたいページへの導線で、ユーザーにとって最良の導線とは言えません。この導線だと、相続に対する専門家としての高い知見や解決事例を知ってもらうことが出来ず、お問合せには繋がりません。

ユーザー導線はユーザーが快適に必要な情報に辿り着くことが出来ることを最優先に設計すべきです。

また、適切に導線設計されているサイトはGoogleからも評価されて検索順位が上がり易いメリットもあります。

残念なキーワードをリライトする

集客したいキーワードの中で、検索順位が低いページは、リライトして検索順位を上げるようにします。

どのキーワードが何位に表示されているかは、Search consoleで確認出来ます。

下記に記載している、テクニカルSEOの土台が出来ていれば、あとは、コンテンツの質です。Googleの検索順位が低いキーワードは、ユーザーの疑問への回答としては高品質では無いと判断されているからです。

すでに上位に表示されているページと同程度の内容のコンテンツを掲載しても、すでに上位にあるページがオリジナルと判断されるので、絶対に上位には表示出来ません。すでに上位にあるページよりも詳しい内容にするか、別の切り口の情報を掲載する必要があります。

下位に沈んでいるキーワードが本当にユーザーの疑問への回答として最良の記載であるか確認して、不足している情報を追記して、サイト全体を高い品質のコンテンツにするように改善してSEOの強化を行います。

良質で分厚いコンテンツがSEOのポイント

相続に関連した良質なコンテンツが大量に掲載されているサイトは、サイト全体が相続のサイトテーマに統一された質の高いサイトと判断されて、「相続 地域名」でも上位に表示されるようになります。

質の高いコンテンツを大量に掲載することは短期間には実現出来ませんが、時間を掛けて丁寧に記載したコンテンツを作り続けて行きましょう。

テクニカルSEOへの対応

上記はコンテンツSEOで、相続の専門家が経験や知識を元に掲載出来る情報です。キーワードの選定や適切なコンテンツを記載するためのアドバイスもいたしますが、このコンテンツSEOの他に、テクニカルSEOも重要です。

テクニカルSEOはSEOの専門家が対処する分野のことで、サイトの表示速度の改善やクローラビリティの改善、重複コンテンツの管理、低品質なコンテンツの修正、隠しテキストや低品質なリンクなどのGoogleのガイドライン違反の修正。

これらのことは、SEOの知見が無い人には対応出来ませんので、SEOの専門家に対応してもらう必要があります。

テクニカルSEOはSEOの土台部分で、テクニカルSEOがしっかりと行われていないと、どれだけ良質なコンテンツの掲載を行ってもGoogleに正しくサイトを評価してもらえません。

例えば、税理士事務所のサイトと相続税のサイトを持っていて、それぞれのサイトのサイドバーやフッターからリンクがあるとGoogleの「リンクスパム」の「さまざまなサイトのフッターやテンプレートに埋め込まれて広く配布されるリンク」に該当するのでとても危険です。

テクニカルSEOとコンテンツSEOが両輪となってSEOに強いサイトになり、有効なキーワードで上位表示が可能になるのです。

テクニカルSEOの手法は、専門家によって意見の分かれる部分もあるものですが、SEOの土台を固めるものです。

土台

サイトマップの送信は必須ではない

sitemap.xmlの送信はSEOに必須と考えていらっしゃる方も多いですが、送信しているサイトマップを見ると、サイト内の一部のページしか送信していなかったり、重複ページを送信していたり、画像だけのページを送信していたりすることがとても多いです。

サイトマップはGooglebotにページの巡回を促すもので、サイトマップに記載されているページは頻繁にクロールされますが、記載の無いページの巡回はあまりされず、サイト全体の評価が遅れたり偏った評価がされる恐れがあります。

また、画像だけの低品質なページを送信するとGoogleからの評価を落とすだけです。重複ページはGoogleからの評価を分散させたり低評価の原因にもなります。

サイトマップを送信するのであれば、正規化したページのみを漏らさずに書いて送信するか、自動生成のプラグインを使っても細かな設定が出来ないと不完全なサイトマップになってしまいます。

完全に正規化された記載漏れの無いサイトマップを送信出来ない場合は、サイトマップの送信を停止した方が良い結果になることが多くあります。

Googleもページが500ページ以下で、サイト内が完全にリンクされている場合は、サイトマップの送信は必要無いと発表しています。サイトマップを送信しなければ、Googleの高度にプログラムされた巡回スケジュールで適正にサイトを評価理解してくれます。

相続専門司法書士事務所のアクセス数の推移

相続専門司法書士事務所のアクセス数の推移

相続専門司法書士事務所のSEOを行った実績です。最初はご自身で作成されたホームページでネット上の情報を元にSEOを行っておられました。コンテンツはとても良質なものでしたが、Elementorを使用されいてい、表示スピードが極めて遅い状態で、Googleから評価されないサイトでした。その他に低品質なリンクもあったので、否認して、コンテンツのさらなる充実に取り組みました。増減を繰り返しながら大きなトレンドとしては上昇傾向で推移し、お引き受けした時点からは大きくアクセスが向上し今では全国から案件を受注しています。

テクニカルな問題の修正と、ユーザーのモチベーションの高いキーワードの提案を現在も継続して行っています。テクニカルSEOとコンテンツSEOの両輪で改善出来た成果です。

お問合せは電話が圧倒的

無料相談などのお問合せは、お問合せフォームからの送信より、スマホタップなどの電話からのお問合せが圧倒的に多いです。

スマホのタップをスマホの全ての画面に固定して表示したり、Lineの無料通話からもお問合せが出来るように、出来るだけ簡単に電話のお問合せが出来るようにしましょう。

相続業務のSEOは「SEOのプロ」にお任せ

「相続登記」や「相続 相談」といったキーワードをGoogle等の検索エンジンで検索をした時に、検索順位で上位に出てくるサイトというと個人の税理士事務所や司法書士事務所ではなく、リスティング広告を除くと法律や相続に関する情報を集めたポータルサイトや大手法人のブログ、コラムのページであることが多い傾向にあります。

これはSEO専門のスタッフや外部のライターに依頼をし、コンテンツの量を増やして定期的な更新を続け、上位表示を獲得しているのかと思います。

実際に相続業務を担当する士業の先生は、本業が忙しくSEOのために時間や手間をかけることは現実的に難しいはずです。

しかしそのためにマーケティングに詳しい人材を採用したりライターを探すとなると、ある程度の知識はご自身にも必要になりますし、人件費もかかってきます。

そこでおすすめしたいのは”SEO専門会社”の活用です。

SEO専門会社はその名の通りSEOのプロ。マーケティングやライティング等業務ごとに依頼する人を変えなくても、SEOに関する業務すべてのご相談に対応します。

当社では、お客様のサイトがどのような状態にあるのかをデータを用いてしっかりと調査、分析を行い、上位に表示されない原因を突き止め、適切な施策を実施し、無料相談や売上げの増加の支援をいたします。

そして効果的なSEOを意識した内容でのコンテンツ作成や施策の提案を行い、効率良く目標の達成に近づけるようサポートいたします。また、大手のコンサルティング会社と比較するとかなりお安い料金で対応いたします。

「相続 相談」で安定して3位以内を獲得したサイトで行った施策全公開

ご相談、お見積り、サイト診断を無料でいたしておりますので、何か少しでもホームページに関するお悩みや知りたいことがある際は、相続のサイトのSEOに豊富な経験のある当社にぜひお気軽にお問合せください。