相続で集客に重要な切実なキーワード選定

2024年2月12日

司法書士や弁護士、税理士、行政書士が相続でお問合せを獲得するには、実際に検索されていて、さらにユーザーが切実な問題に直面しているキーワードを選定することがとても重要です。

相続で集客するには、ホームページ制作をすれば集客出来るものでは無く、ユーザーが求めているコンテンツの掲載がとても重要なのです。

具体的にモチベーションの高いキーワードの例も掲載していますので、キーワード選定の参考になれば幸いです。

目次

広告はお金を払い続けないといけない

ホームページ制作を行って、サイトを公開した直後は、Googleからも適正に評価されないので、自然検索からの集客も難しいので、広告を利用するのは良い選択です。

ただ、広告で集客するには、お金を払い続けないといけません。

これに対して、良質なコンテンツを作成して、自然検索からの集客が出来るようになると、お金を掛けずに永続的な集客が可能になります。

大きいキーワードは多くの集客が可能ですが、依頼したいと言うモチベーションは低い

例えば「相続」の月間検索ボリュームは40,500件。「相続税」の月間検索ボリュームは135,000件あります。

一般的に、SEOを行う場合のキーワード選定は検索数の多いキーワードで上位に表示したいと考える人が多いです。しかし、このようなキーワードの検索意図を考えてみると、「相続が発生したけれど、何をすれば良いの?」とか、「相続税って、相続があった全ての人が払わないといけないの?」など、漠然とした疑問があって検索している可能性が高いです。

このようなビッグキーワードで検索結果の上位に表示出来れば、ステータスを高める効果がありますし、多くの集客を集めることが可能ですが、集客したユーザーからはお問合せや相談などを獲得する可能性は低く、コンバージョン率はとても低いキーワードです。

検索されていないキーワードは獲物のいないところに網を仕掛けるのと同じ

網を仕掛ける

ユーザーが検索していないキーワードで集客しようとするのは、獲物がいないところに網を仕掛けているようなもので、どれだけコンテンツを作成しても全く反応の無い結果になってしまいます。

ユーザーが検索していないキーワードでコンテンツを作成してしまうのは、運営者側の思い込みによるもので、狙っているキーワードが実際に検索されているか調べていないからです。

ユーザーが検索しているキーワードを調べるには、キーワードプランナーを使います。

コンテンツを作成する時には必ず検索ボリュームを確認して、そのキーワードが実際に検索されていることを確認しましょう。

事務所の強みが適切なキーワードとは限らない

例えば「国税OB 税理士」は事務所に国税OBの税理士が在籍していることが強みで、このキーワードで集客したいと依頼されたことがありました。

しかし、「国税OB 税理士」はユーザーが解決したい問題では無いので、ほとんど検索されていません。

「国税OB 税理士」が求められるキーワードは「相続税 税務調査」など、税務調査に関連するキーワードで、税務調査の調査官の立場を経験している、国税OBの税理士が在籍していることで、調査のポイントや調査の適切な落としどころを判断して、速やかに調査を終わらせることが出来ることがユーザーにとってのメリットです。

このようにキーワード選定を間違えると有効なユーザーを集客出来なくなりますので、慎重にキーワード選定しましょう。

お問合せに繋がるのは検索ボリュームが小さくても切実なキーワード

キーワード

SEOに精通していらっしゃらない方は、出来るだけ多くのアクセスを獲得したいとお考えになりがちなのですが、SEOをしている立場では、出来るだけモチベーションの高いユーザーを集客することが重要なのです。

ホームページにユーザーが強く悩んでいる事柄に対する回答を紹介することが良質なアクセスを獲得し、事業を成長させるポイントです。

「相続 地域名」で集客したいとお考えになるのは当然ですが、このキーワードはユーザーの悩みは分かりませんし、特に解決したい問題は無いのかも知れません。これに対して明確な悩みを持っているユーザーにコンテンツを見てもらうことは、とてもモチベーションの高いユーザーを増やすことに繋がります。

相続で問題に直面し、その問題を解決したいと思っているユーザーの期待に応えるコンテンツの掲載に重点を置いた運用をすることで、お問合せに繋がり易いサイトになります。

ユーザーが検索窓に入れているキーワードはユーザーの疑問や質問なので、その疑問や質問に対する最良の回答が掲載出来れば、検索結果の上位に表示されます。ユーザーの悩みを分野に分けて、分野毎にカテゴリーにして掲載すると、カテゴリーが検索結果の上位に表示されることもあります。

また、切実なキーワードでコンテンツを作成すると、コンテンツを読んだユーザーが運営しているブログなどからリンクを設置してもらえる可能性があります。リンクの獲得は簡単に出来ることでは無く、獲得出来ると大きなSEO効果が期待出来ます。

「相続 地域名」で上位に表示出来ても、ユーザーにとっては他の人に紹介したいコンテンツでは無いので、リンクを獲得出来る可能性はありませんが、切実なキーワードなら、自分自身がとても参考になったコンテンツであれば、リンクの獲得が出来ます。

相続で悩んでいるユーザーに向けたユーザーファーストのサイト運営が売上を増やす大きなポイントです。サイト内にユーザーファーストのコンテンツが多くあると、Googleからも高品質なサイトと判断されて、様々なキーワードで検索結果の上位に表示されるようになります。

相続の切実なキーワード

相続の切実なキーワードは、相続の業務を行っていて、依頼者の相談の中で、強く悩んでいることが切実なキーワードになります。

相続の悩みは依頼者の数だけあると言われる程、多様な悩みがあります。そのような多様な悩みを一つ一つ汲み取ってコンテンツを作成しましょう。

遺産分割協議 相続人 以外

このキーワードは遺産分割協議に相続人の配偶者などが口出しして来て、分割協議がスムーズに進まず困っている人です。

公正証書遺言 納得いかない

これは公正証書遺言の記載内容に納得出来ず、無効化出来ないかと思っている人です。公正証書遺言を無効化するのはとてもハードルが高いですが、どのような条件なら無効化出来るのか、出来るだけ詳しい説明を掲載しましょう。

相続放棄 空き家

被相続人が亡くなって空き家となった家を相続放棄出来ないかと思っているユーザーです。空き家だけを相続放棄は出来ないことや、相続放棄しても管理義務が生じること。責任を逃れるには、相続財産管理人を選任する必要がありますが、それにも予納金がかかることなど、空き家の相続放棄は簡単ではありませんが、相続財産管理人でも処分できなければ国庫に帰属するなど詳しく記載する必要があります。

相続放棄 保証人

相続財産は正なのですが、被相続人に保証債務があるので、相続放棄すべきかどうか悩んでいるか、相続順位の全員が借金を相続放棄した場合、連帯保証人が債務の弁済を迫られるのではと悩んでいると考えられます。相続放棄のアドバイスは専門家にしか出来ないことなので、専門家としての高い知見を記載することで受任に繋がり易くなります。

遺産分割協議 応じない

「遺産分割協議 応じない」「遺産分割協議 拒否」「遺産分割協議 進まない」で検索しているユーザーは遺産分割協議が開催出来なかったり、協議をしてもなかなかまとまらない人なので、このキーワードでヒットすれば、専門家に依頼する可能性が非常に高いです。

遺産相続 誰に相談

遺産相続は一生に何度も経験するものでは無いので、誰に相談して良いのか分かりません。ましてや、ネット上の情報を頼りに判断するのはとても危険です。誰に相談するのが良いかは、相続人が置かれている状況によって変わります。それぞれの状況によって最適な士業の先生に相談したとしても、相続が専門では無い人に相談や依頼するのも良くないケースが出て来ます。ご近所の士業の先生に相談すれば良いものでは無いことなど、相続専門の士業の先生に相談しないと有益では無いことを適切に記載する必要があります。

成年後見 親族 反対

親が認知症になったので成年後見を申し立てようとしていますが、親族の中に反対する人がいて困っているケースです。

相続放棄 借地 解体費用

このキーワードは借地の上に被相続人の建物が建っていて、借地権を相続放棄することによって建物の解体費用はどうなるのかが知りたくて検索しています。相続放棄で解体費用の負担は必要無くても、処分出来ない家はどうなるのかなど不安が一杯です。

相続 戸籍 集め方

このキーワードは相続人の特定を自分でしようとしている人で、戸籍をどのように入手するかを調べています。しかし、実際には戸籍を読み解く知識が無いと正しく相続人を特定できない場合もあります。

勝手に相続された

一部の相続人を除外して遺産分割協議を行われて、全く合意していない遺産分割が行われて困っているユーザーです。

相続 家賃収入

家賃収入のある不動産をどのように分割したら良いかを悩んでいるユーザーです。収入があるからと共有持分にしてしまうと、子供や孫の世代でトラブルが発生する火種になってしまいますので、専門家のアドバイスが必要です。

相続 後から遺言書

遺産分割協議が終了した後で遺言書が出てきてどう対処して良いのか分からないユーザーです。遺言書の内容によっては分割協議が無効になるので、専門家のアドバイスを求めています。

相続人 連子

「相続人 連子」「相続人 前妻の子」のような連絡が取りにくい人や意思疎通が難しい相続人がいて悩んでいる人や「相続人 連絡取れない」のような行方不明者がいてどのように対処して良いのか分からないなど、専門家に入ってもらわないと手続きがスムーズに進まない状態の人も依頼に繋がる可能性の高い人です。

相続人 差押

このキーワードは相続人に延滞債務があり、財産が無いので差押を免れていましたが、相続することで債権者から差押されるのかを知りたいととか、差押を免れる方法が無いかを調べています。

相続人 精神疾患

相続人の中に精神疾患の人がいて、判断能力を欠いているような場合で、分割協議をどのように行えば良いのかを調べているユーザーです。

相続人 胎児

生まれて来る子供が相続人としての権利があるのかを調べています。また、相続権がある場合、意思決定が出来ないので、分割協議はどうすれば良いのかを調べています。

相続 前妻の子 後妻の財産

父親が先に亡くなって、後妻が財産を相続して、その後妻が亡くなった時に、前妻の子は相続出来るのかを調べています。父親が築いた財産を他人に相続されるのは許せないと言う気持ちからです。

相続 現金 隠す

被相続人の現金を一部の相続人が隠している疑いがあり、対処方法を調べています。遺産隠しは相続のトラブルに発展しやすい問題で、専門家の対処が必須です。

遺留分払わないとどうなる

相手から遺留分を請求されていますが、相続財産のほとんどが不動産などで、現金で払えないと悩んでいるユーザーです。

相続土地国庫帰属制度 山林

自分が相続した山林を国庫帰属制度で、手放すことが出来るのかを調べていのす。山林を相続しても、不動産価値が低い上に管理も必要になるので、手放せるのであれば手放したいと考えています。

遺言執行者 辞退 その後

遺言執行者が就任前に辞退したので、その後どうしたら良いか悩んでいます。この場合、遺言執行者の選任を家庭裁判所に求めることになりますが、このコンテンツでヒットすれば、そのサイトの専門家を選任するように求められる可能性が高くなります。

前妻の子に相続させない方法

このキーワードは恐らく、被相続人が検索しているキーワードで、関係が薄くなっている前妻の子に相続させたく無いと考えています。遺留分を侵害するような遺言書は作成出来ませんが、生前贈与なども含めたアドバイスが出来れば、公正証書遺言作成のサポートも依頼される可能性があります。

親と縁を切る 相続

このキーワードは、親や家族との関係が悪く、相続を契機に親や家族との縁を切りたいと考えているユーザーです。戸籍上、親との縁を切ることはできませんので、遺産分割協議などで家族と顔を合わせるのもイヤな場合は、相続放棄などを選択することになるかと思います。

死後認知 認められないケース

このキーワードは恐らく、非嫡出子がいることが分かっていて、死後認知を認めたくないと感じている人です。DNA鑑定に協力しないなどで認められることに抵抗することは可能で、最終的には裁判所の判断になります。

相続 放棄 後 損害 倍賞

これは、恐らく、相続放棄した空き家が倒壊して、損害賠償を請求されてどうしたら良いのか調べているのだと思います。空き家を相続放棄するば全ての管理責任から解放される訳では無いので、倒壊の恐れのある空き家を相続放棄する場合の注意点などを記載すると良いコンテンツになるでしょう。

シングルマザー 死んだら 親権

シングルマザーが死んだら親権は自動的に父親に移ることを心配して検索しています。遺言で未成年後見人を指定するなどの解決策を掲載すると良いでしょう。

相続放棄 管理義務 順位

相続放棄した空き家などの管理義務について放棄した順などによって順位があるのか、それとも最後に放棄した人が全ての管理責任を負うのかを知りたいと思っています。

勝手に相続放棄

別の相続人が勝手に相続放棄を求めて来ていて、不本意でも受け入れざるを得ないのか、対応方法や頼れる専門家を探しています。

相続放棄 ペット

相続放棄をすると、被相続人が飼っていたペットを引き取ることが出来ないのかを調べています。

相続放棄 やってはいけないこと

相続放棄を検討しているが、被相続人の入院費やアパートの家賃など督促があるものを払ったり、携帯電話の解約などをしても良いのか調べています。具体的にやってはいけないことを列挙するとユーザーの疑問に対する解決策になりります。

相続税 申告期限 間に合わない

相続税の申告を甘く考えていて、実際に手を付け始めると、到底申告期限に間に合わないと思って焦っている人です。申告期限が迫っていても最短で申告出来るなどのサービスがあれば掲載すると良いでしょう。

相続 学費 特別受益

恐らく兄弟の中で特定の人にだけ高額な学費を支出しているのが特別受益になるのかを調べています。不公平に感じている相続人が検索しています。

相続 認知症 放置

相続人の中に認知症の人がいるので、相続手続きをせずに放置したらどうなるのかを調べています。相続登記の義務化も控えていますし、認知症の人が亡くなるのを待つと、さらに相続人が増えて分割協議が複雑になる可能性もあります。

相続 放棄 後 損害 倍賞

恐らく、相続放棄した空き家が倒壊して、損害賠償を請求されてどうしたら良いのか調べているのだと思います。空き家を相続放棄するば全ての管理責任から解放される訳では無いので、倒壊の恐れのある空き家を相続放棄する場合の注意点などを記載すると良いでしょう。

相続放棄した家の解体費用 誰が払う?

相続放棄すれば全ての責任から解放されると思っている可能性のあるキーワードです。相続放棄しても家の管理義務が残るので、解体費用は相続人が払わないといけません。解体しない場合のリスクや選択肢についても記載する必要があります。

一人会社 代表取締役 死亡 相続放棄

代表取締役一人で設立した会社の代表取締役が死亡して、相続放棄したいと考えて検索しています。相続人全員が相続放棄すれば会社は誰も動かせなくなるので、どうなるのかを知りたいと思っています。

故人 携帯 解約 タイミング

故人の携帯電話の解約をいつ行えば良いのかを調べています。故人がネット銀行などを利用していた場合、死亡直後に解約してしまうと、アカウントにログイン出来なくなる可能性があります。また、相続放棄する場合は、先に解約してしまうと、相続放棄が出来なくなる可能性もあります。

故人 サブスク

準備無く亡くなった個人のサブスク契約の解約や対処方法について調べています。クレジットカードや預金口座が凍結されて自動解約となることもありますが、延滞分の請求が届く可能性もあります。

不動産 相続 覚書

相続財産の不動産について、相続人以外との覚書が出て来たと言うものです。覚書が有効で、分割協議の対象にならないのかを調べています。

相続放棄 株式

おそらく父親などが経営していた非上場の株式を相続人全員が相続放棄した場合どうなるのかを調べています。このような切実なキーワードに対する、専門家としての情報を掲載すると良いでしょう。

土地建物 名義が違う 相続放棄

土地と建物の名義が違い、どちらかだけを相続放棄が可能か、また、相続放棄した場合、一方の名義人とトラブルにならないか心配して検索しています。

未成年後見人 遺言

例えばシングルマザーの母親が亡くなった場合などの未成年後見人を遺言で指定することが出来るのかを調べています。

代償分割 現金がない

代償分割を行った際に代償金に充てる現金が無いと悩んでいるユーザーです。代償金を現金で払えない場合の解決策など、専門家としての情報を掲載すると良いでしょう。

山 相続 いらない

相続財産に山があり、相続したくないと思っているユーザーです。条件を満たせば「相続土地国庫帰属制度」で国に引き取ってもらうことが可能ですが、そうで無い場合は、一旦相続した後に売却先を探す必要があります。

闇金 相続

相続財産の中に闇金からの借金があり、既に取り立てに合っている可能性のあるユーザーです。闇金の債務はそもそも違法な借金なので、相続もされませんが、正しい知識が無いと相続放棄してしまう可能性があり、本来受け取れる財産を放棄してしまうことになります。また、無視しても違法な取り立てをして来る可能性もあるので、専門家に依頼するのが良いでしょう。

認知されていない子供 相続

認知されていない子供に相続させたい被相続人か、結婚していない女性の、認知されていない子供に相続権があるのか調べています。認知されていな子供には相続権がありませんが、遺言を残すことで相続させることが出来ます。「認知されていない子供に相続させる方法」などでページを作成することで、遺言の作成の依頼を獲得出来る可能性があります。

相続登記 義務化 過去の相続

相続登記が義務化されるのに当たって、過去の放置している相続も義務化に含まれるのかを調べています。猶予期間内に手続きするのが良いでしょう。また、法定相続人が亡くなっていると代襲相続が発生し、相続人間で面識が無い場合や連絡先も分からず、遺産分割協議さえ行えないことにもなりかねません。そのような場合の対処方法や、避難措置として「相続人申告登記」についても記載すると良いでしょう。

相続税 貧乏

相続財産の大部分が不動産や自社株で、現金で相続税を納付すると、手元の現金が大幅に減少し、貧乏になると思っているユーザーです。一見すると相反するようなキーワードですが、このキーワードで検索しているユーザーは相続税率も高いユーザーと考えられます。

内縁の妻 預金引き出し

相続権の無い内縁の妻が勝手に預金引き出しをしてして、どのように対応すれば良いのか調べているユーザーで、遺言で内縁の妻に預金を相続させる等の意思表示が無ければ、引き出した預金は返還義務があります。

相続 通帳 見せない

これは、「相続 現金 隠す」と同様のケースで、被相続人の通帳を見せてくれないので、相続財産を把握出来ず、遺産分割協議も出来ない状況です。

遺言 金額 足りない

遺言に書かれていた金額よりも実際の財産が少なく、記載されている財産を受け取れないのでどうすれば良いのか調べています。

遺産 いらない 縁きり たい

家族との関係が悪く、相続財産はいらないから家族との縁を切りたいと思っているユーザーです。法律的には縁を切ることは出来ませんが、相続に関わらないようにすることを記載すれば解決策になるでしょう。「縁切り」や「戸籍抜く」の複合キーワードはかなり検索されています。

相続 放棄 車 放置

相続放棄した車を放置して良いのかを調べています。相続放棄したとは言え、そのまま車放置しておくと様々な問題が発生しますが、相続放棄を行うと、車の処分は行えません。車に価値がある場合は、家庭裁判所に相続財産管理人を選任してもらい、財産を処分してもらうのが原則です。

原野 相続

被相続人が原野商法などで取得した原野が相続財産にあり、どうすれば良いのかを調べています。出来れば相続したくないと思っていますので、相続土地国庫帰属制度の対象になる可能性があります。

相続 放棄 車 放置

相続放棄した車を放置して良いのかを調べています。相続放棄したとは言え、そのまま車放置しておくと様々な問題が発生しますが、相続放棄を行うと、車の処分は行えません。車に価値がある場合は、家庭裁判所に相続財産管理人を選任してもらい、財産を処分してもらうのが原則です。

証券口座 相続手続き

被相続人が株の取引きをしていたが、相続人は株の取り引きの経験が無く、証券口座の相続をどのようにしたら良いのか調べています。

原野 商法 土地 相続

原野商法で購入した土地の相続があり、どう対処すれば良いかを調べています。条件を満たしていれば、相続土地国庫帰属制度を利用することも可能でしょう。

全員 相続放棄

相続人全員が相続放棄することはかのうなのか、全員が相続放棄した場合その財産や負債は最終的にどうなるのかを調べています。

損害賠償 相続放棄

被相続人に損害賠償があり、賠償金を支払えないので、相続放棄したいと考えているユーザーが検索しています。相続放棄で損害賠償請求を逃れることが出来るのかを知りたいと思っています。

相続解決事例もユーザーの悩みを解決したコンテンツになる

実際に受任して相続の悩みを解決した事例をホームページに公開するのもとても効果的です。

ただ、相談内容と簡単な説明では、ユーザーの検索意図を満たすコンテンツにはなりません。

相談内容には、他のユーザーが検索しているキーワードが必ず含まれています。

案件に対する様々な選択肢と、それぞれのメリット・デメリット。相談内容から最善の選択肢など出来るだけ詳しい解説を記載することで、検索結果の上位に表示されるようになります。

集客したいキーワードはtitleタグに記載しましょう

有効なキーワード選定が出来たら、タイトルタグには、キーワードを含めた30文字程度の文字列にしましょう。また、SEOに有利にするには、ヒットさせたいキーワードはタイトルタグの前方に記載するのが有効です。

稀に個別ページのタイトルが反映されていないことがあります

これまで、多くのサイトのSEOを行って来た経験の中で、稀に個別ページのタイトルが反映されず、全ページ同じタイトルになっていたたことがありました。

全ページ同じタイトルになると、個別ページで集客したいキーワードでは最適化されず、せっかくユーザーのモチベーションの高いキーワードで記事を執筆しても、Googleから評価されず、キーワードで上位表示出来なくなります。

ページのタイトルが正しく記載されているかを確認する方法は、確認したいページをブラウザで表示して、画面上で右クリックします。右クリックすると「ページのソースの表示」がありますので、そちらをクリックしてソースを表示します。

表示されたソースで「Ctrl+F」でページの検索窓を表示します。この検索窓に「title」と入れて「Enter」を押すと、タイトルが見つけられますので、そこに記載されているタイトルが記載したタイトルと合っているか確認しましょう。

まとめ

相続のSEOでは、キーワード選定はとても重要です。

SEOを依頼される時には、検索ボリュームの大きいキーワードでの集客を希望されることが多いですが、検索ボリュームの大きいキーワードは、ユーザーが解決したい問題も漠然としていて、あまり切実に解決したい問題が無いことが多く、上位表示出来たとしても、お問合せなどのコンバージョンには繋がりにくいことが多いです。

ユーザーが漠然と疑問を感じているキーワードよりも、具体的に問題に直面していて、切実に解決策を探しているキーワードでコンテンツを作成した方がコンバージョンに繋がり易く効果があります。

また、思い込みでキーワードを選定せず、キーワードプランナーで検索されているキーワードを選定しましょう。

SEOの無料診断も行っております。詳しく調査して何を改善すれば良いか、集客を増加させるご提案いたしますので、お気軽にご相談下さい。

相続

Posted by 清水 康次